”飛竜”賀老の滝(北海道・滝百選)

2009年8月6日 北海道の滝巡り3日目 日本の滝100選に選ばれた千走川の名瀑「賀老の滝」。高さは70m、幅35mと北海道最大級。松前藩の財宝を龍が守護しているという龍神伝説が残されており、別名「飛龍」とも呼ばれています。国道229号線沿いの道の駅「よってけ!島牧」近くから林道...

アシリベツの滝(北海道・滝百選)

2009年8月5日 北海道滝巡り2日目 本日最後の滝は「アシリベツの滝」です。札幌の中心部から南へ約20kmにある国営滝野すずらん丘陵公園内にあります。駐車場からでも結構距離があります。公園は広くて、目的の滝は一番奥にあるようです。だいぶ日もかげってきました。急ぎ足で公園の置く...

インクラの滝(北海道・滝百選)

2009年8月5日 北海道滝巡り2日目 天人峡から苫小牧まで戻ってきました。室蘭街道を少し走り、この踏み切りは「JR室蘭本線」です。これを超えて北へ10kmくらいで、インクラの滝ですが。この滝は、たぶんほとんど見えないことはネットで知っていますが、滝見台から、わづか滝の上部が遠望...

羽衣の滝(北海道・滝百選)

2009年8月5日 北海道2日目 今日も良い天気です。旭川駅前の「ホテルクレッセント旭川」を7時過ぎに出発。層雲峡の西側(旭岳の)が天人峡です。昨日に撮影を終わる予定でしたが、時間的に難しくなり今日となりました。昨晩はカーコさんの従弟と楽しくしゃべって遅くなってしまいました。久し...
エゾスジグロシロチョウ

エゾスジグロシロチョウ

同属のモンシロチョウやスジグロシロチョウと似ているが、翅脈の周りの鱗粉が黒くなっている点がモンシロチョウと異なる。また、比較的薄暗い場所を好み、市街地や都心部よりもむしろ住宅地や山村に多い。スジグロシロチョウとは酷似しており、雄のみ香鱗を顕微鏡で観察することにより種の区別ができる。スジグロシロチョウとエゾスジグロシロチョウの雑種も自然界で起こっているほどで、両種が同一種であるとの見方も近年まであっ
タテハチョウ科

メスグロヒョウモン

成虫の前翅長は35-45mmほど。和名通りメスの体は黒く、光沢のある青緑色を帯びる。前翅の前端に白帯、前翅の中央部に横長の白色紋が2つ、後翅の中央部に白の縦帯がある。翅の裏側は表側より白っぽい。黄色の地に黒い斑点が散らばるヒョウモンチョウ類の中では特徴的な体色で、ヒョウモンチョウというよりオオイチモンジなどのイチモンジチョウ類に近い体色である。メスには類似種が少なく、判別しやすい。<青森市

銀河・流星の滝(北海道・滝百選)

2009年8月4日 石狩川沿いに延々24kmにわたって続く断崖絶壁。この崖を流れ落ちるいくつかの滝の中でも、もっとも美しいふたつの滝があります。細く繊細な白糸のように優美な姿で流れ落ちる「銀河の滝」、太い1本の滝となって力強く流れ落ちる「流星の滝」。日本の滝百選にも入っている名瀑...

福養の滝(ふくようのたき)静岡県静岡市葵区大間

2009年7月12日 静岡県の西部を流れる藁科川の水を落す高さ100m幅4mの滝です。水は滑るように流れ、岩を洗っています。夏は緑の木々の奥に雄大に流れ落ちる滝スジが白く遠くに見えました。これより近づく事は難しいと判断してこの位置の撮影で引き上げる事にしました。他から撮影可能な場...

宇嶺の滝(うとうげのたき)静岡県藤枝市瀬戸ノ谷

2009年7月12日 静岡県藤枝市瀬戸ノ谷にある滝。瀬戸川の源流の1つを源流とする。藤枝バイパス谷稲葉インターチェンジから静岡県道32号藤枝黒俣線を北上、およそ18km進むと見える蔵田集落の先にある。落差70mの直瀑。その落差を水が流れる姿は爽快かつ壮観である。東海の名瀑として名...

河津七滝(静岡県賀茂郡河津町)

2009年7月11日 伊津の天城連山から流れ出る滝です。温泉観光地としてもメジャーな滝です。七滝とは「大滝」「かに滝」「釜滝」、「えび滝」「蛇滝」「出会い滝」「初景滝」の七つの滝です。「大滝」(おおだる)は河津七滝中、最大の高さを誇る滝です。 滝の全長30m、幅7m 垂直立ち上が...

浄蓮の滝(静岡県・滝百選)

2009年7月11日 伊豆の名瀑・浄蓮の滝です。伊豆の観光名所のひとつとして名高いところです。現地到着が9:30です。まだ、観光バスの団体さんは来ていませんの、今のうちに撮影を済ませておきます。駐車場が無料なのはいいですね!滝入り口にある「伊豆の踊り子」の銅像が何故ここに?川端...

萬城の滝(静岡県伊豆市)

2009年7月11日 萬城の滝(ばんじょうのたき)は静岡県伊豆市の中伊豆地区にある高さ20メートル、幅6メートルの滝。別名は裏見の滝。古くは大滝と呼ばれていた。大阪から中伊豆まで約470kmですが、今回は朝3時出発でスムーズに高速を走れました。まずは伊豆の北にある萬城の滝へ到着が...
ゴイシシジミ

ゴイシシジミ

ゴマシジミ!と呼びたくなる模様ですが、なぜか碁石なんですね。幼虫は日本の全種の蝶の中で唯一の完全な肉食性で、メダケ・クマザサなどのタケ科植物につくタケノアブラムシ・ササコナフキツノアブラムシなどを捕食する。成虫もまた彼らの分泌液に依存するため、この種の存在には前述のアブラムシが必要不可欠となる。成虫は、アブラムシの集団の中に卵を生む。なお、日本産のカニアシシジミ亜科(アシナガシジミ亜科)のチョ

大天井滝(奈良県川上村)

2009年7月4日 2/21に訪れた滝で、この時は滝が凍っていました。(氷瀑)夏は周りの景色が一変しています。(氷瀑)も感動しましたが、夏の緑の中の滝もすばらしいです。R169道の駅杉の湯温泉~高原~五番関~洞川方面までの林道沿いにあり標高約1000m。大天井ヶ岳(1438m)...