ヒメウラナミジャノメ

2018年5月19日 日陰を好んで飛び回るイメージですね。望遠レンズでボケ量も大きく出てファンタスティックな絵になりました。吸蜜するヒメウラナミジャノメを撮ることは少ないので面白い絵になったかなと思います。特にウツギの花での吸蜜写真は初めてですね。

ダイミョウセセリ

2018年5月19日 蝶のポイントではウツギの花が花盛りです。次から次に蝶が吸蜜にやってきます。素早く飛ぶ黒い蝶が最初はなんだよく分かりませんでしたが、吸蜜に止まると関西とは少し違い後翅に白いラインの無い関東系のダイミョウセセリでした。頻繁にウツギの花の周りを飛び回っていました。目的の蝶と見間違える紛らわしいチョウでした。

ヒメキマダラセセリ

2018年5月19日 鮮やかな黄色いセセリもいました。ヒメキマダラセセリだと思います。コキマダラセセリともよく似るセセリですが、同定が難しい種類のようです。目的のチョウが出るまでは、周りに目につく蝶を撮りながら楽しみました。ここではどの蝶もウツギで吸蜜していました。

モンシロチョウ

2018年5月19日 ウツギに集まる蝶。この周りにある花でウツギ以外には花がほとんどありません。イボタの花はまだ蕾で開いていませんでした。必然と蝶達はウツギの花に集まる事になります。ウスバシロチョウも見かけましたがウツギには見向きもしないで飛んで行きました。このモンシロチョウはしきりに吸蜜していました。久しぶりに撮るモンシロチョウです。大変きれいな個体でした。

クモマツマキチョウ(南)

2018年5月12日 今日も高山蝶のクモマツマキチョウ狙いで標高1500m〜1800mを攻めました。今回のポイントは初めてのポイントでしたが、有り難いことに沢山の蝶友さんに助けられ楽しく撮影する事が出来ました。有難うございました。天候もまずまずでとても気持ちが良いポイントでした。

クロツバメシジミ

2018年5月6日 GWも最終日です。いつものクロツのポイントによって見ました。朝日が当たり気温が上がるとあちこちから飛び始めました。今年もGWの遠征が無事終了。名残惜しいですが渋滞に巻き込まれないように早めに白馬を後にしました。

イエローバンド(ギフチョウ)

2018年5月5日 午後はクモツキから移動して友人が検討を付けておいてくれたポイントでバンドを探すことにしました。何頭かのギフチョウが飛びましたがノーマルなギフチョウで♂は既にスレています。そんな中、1頭が地を這うように飛びながら産卵姿勢のような動きをするギフチョウを発見。その個体は紛れもなく「イエローバンド」の♀個体でした。皆んなで見失わないようあとを追い続けました。しかし、なかなか産卵しないで

クモマツマキチョウ(北)

2018年5月5日 こどもの日。友人とクモツキのポイントで待ち合わせ。久しぶりに会う友人と撮影できるので楽しみです。しかし今朝も少し気温低めでクモツキが飛ぶのか少し不安。雲が少なく日差しがあるので期待大です。ハタザオの食草があるポイントで2時間近く待ちましたが、全く飛ぶ気配無し。別のポイントへ移動すると、そこでは顔なじみのカメラマンの方がクモツキを見つけて撮影を始めたばかりでした。運良くクモツキが

ギフチョウ(長野県)

2018年5月5日  今年のギフチョウの発生が平年より1〜2週間早く、何時もはGWにピーを迎えるのだが、すでに♂はスレていて♀はなんとか見れそうな状態でした。桜もカタクリもすでに花の時期が終わっていました。ウワミズザクラが満開でこれにもギフチョウが止まっていました。

オオルリ(野鳥)

2018年5月4日 上空に寒気が入って一気に気温が急降下。白馬連山では雪が降りました。朝の気温は一桁でシトシト雨がテンションだだ下がり。チョウを探すも気温上がらず何も飛びません。午前中に雨も上がりましたが蝶影全くなし。林縁を歩いているとカー…

クモマツマキチョウ(北)

2018年5月3日 今日からGWの4連休です。しかし、残念ながら天候は最悪。出かける時間には大阪はまだ雨が降っていましたが長野県に来る頃には雨が上がって来ました。しかし気温も低くどんよりの空ではテンションダダ下がり。お昼過ぎには少し晴れ間もちらり。そんな中、クモツキのポイントへやって来ました。まずは1200m付近で少し待って見ましたが全く飛び出す気配がない。少し標高を上げて1500m付近の定番の場

オオルリシジミ(九州)

2018年4月29日 昨年から一度は行ってみたいと計画していました。いつもは安曇野のアルプス公園で飼育個体を撮影していました。しかし自然発生している南阿蘇のオオルリもいとどは撮影したい気持ちで一杯になり今年行くことにしました。前週には既に♂が発生した情報を得ていました。夜大阪を車で出発して愛媛県佐多岬まで走る。そこから国道九四フェリーで大分県佐賀関に渡り阿蘇まで走ります。

ヒメシロチョウ(春型)

2018年4月21日長野県の遠征ではヒメシロチョウが春に発生するのでいつも楽しみにしています。今年のこの気温では既に発生しているだろうと覗いてみました。まだ食草も和束に芽を出したばかり。花も少ないので吸蜜源も少ない。しかし5〜6頭のヒメシロチョウが飛び回っていました。♀はわづかに芽が出た食草に産卵しようとしていました。小さなスミレに吸蜜していましたが、少し離れた場所にカタクリが少しありまし

白馬遠征(ヒメギフチョウ)

2018年4月21日毎年のGW前後になると長野県白馬村を訪れます。春の白馬村はお気に入りのチョウのポイントが沢山あります。それに残雪の白馬連山と桜やカタクリが観れる癒しの風景がそこにあります。例年20日前後では桜やカタクリの花は少し早いのですが今年は違っていました。白馬についてまづ驚いたのは桜やコブシの花が至る所で満開になっていたことです。そして待望のカタクリもすでに満開です。そんな中で期待の