弁ヶ滝(福井県勝山市芳野)

2009年10月11日 落差約40メートルの滝。法恩寺山の中の平から南西へ流れ出る谷出川が、流路を南へと転じるところ、標高約830メートルの地点で見られます。また”越前地理指南”に、「漲拾二丈、往昔弁と云ル児此滝壺に身を投たる由、卒塔婆あり…

夫婦滝(福井県勝山市北谷町)

2009年10月11日 この「杉山鉱泉」の駐車場に車を置かせてもらいました。おじさんに「夫婦滝へ行きたいので車を置かせてください」と声をかけると、 「そこへ止めていきなさい!」と了承いただきました。この施設の壁に付近の観光名所の地図が張られ…

大滝(福井県勝山市北谷町谷)

2009年10月11日 先月に続き、今月もやってきました。大野市の北側、もう少し北に行くと石川県という県境。取立山が県境にあり、そこへの登山道入り口です。私たちは登山ではないので、ここから左へ登山道ではなく「大滝」へ向かいます。道はだらだら…

三つ滝(岐阜県下呂市小坂町落合)

2009年10月4日 三ツ滝 (上段:5m 中段:11m 下段:6m) 巌立公園から滝見遊歩道を歩いて5分程で下段・中段・上段の迫力ある3つの滝が観察できます。日本の滝百選「根尾の滝」がある小坂町は滝の宝庫です。   がんだて公園…

あかがねとよ・唐谷滝(岐阜県下呂市小坂町)

2009年10月4日 あかがねとよ (落差:14m) 行者橋を渡り、さわら谷林道(平坦)を30分程歩くと見られます。 「あかがね」は銅を意味し「とよ」は「雨樋」を意味します。渇水期になると雨樋に程水が流れませんが、滝壷には水があります。 こ…

ホシミスジ

鶴見緑地公園です。幼虫は、コデマリ・ユキヤナギ・カエデ・シモツケなどを食草とする。とくにユキヤナギは市街地や住宅地に多いため、本種が発生することも多い。山地発生の個体は大きさが平地型と違う。本種は最前列の白斑が不連続、かつ後翅裏の付け根に黒…

仏御前の滝(福井県大野市仏原)

2009年9月5日 「日本百名山」荒島岳から流れ出る高さ100mに及ぶ三段の滝。滝の名は平清盛に愛され、舞の名手として、平家物語にも登場する「仏御前」がこの滝で髪を洗ったという伝説に由来しています。    

八反滝(福井県勝山市野向町横倉)

2009年9月5日 ただいま工事中。滝へ行く道がありません。工事が原因ではないのですが、登山道もどこかわかりません。滝は見えているのですが、たどりつく道が見えないのです。 googleマップ https://goo.gl/maps/2A4P…

一乗滝(福井県福井市浄教寺町)

2009年9月5日 一乗谷川上流にある水量豊かな滝。この滝で、宮本武蔵のライバルである佐々木小次郎が「つばめ返し」をあみだしたという言い伝えがあります。 Google  

七反滝(福井県大野市仏原)

2009年9月5日 国道158号線を大野市から岐阜県方面に走り、「七反滝スノーシェッド」をくぐると対岸の山の斜面に『七反滝』が見えます。落差約60mの段瀑で、遠望でしか見ることができません。  

霜降の滝(福井県大野市西勝原)

2009年9月5日 国道158号線沿いにあり、水量豊富で夏でも枯れることがありません。「谷間のやすらぎ」としてベンチなども整備され、ドライバーに親しまれています。  

コノハチョウ

本土には生息していない蝶ですが、伊丹昆虫館で見ることができます。八重山へ行って自然の環境で見てみたいですね。暗い熱帯雨林内に生息する。成虫は1年のうちに数回発生を繰り返し、ほぼ年中見られる。この種を含め、タテハチョウ科はあまり花には訪れず、…

楊梅の滝(ようばいのたき)滋賀県大津市

2009年8月18日 県下一の落差を誇る滝。比良山系東縁の断層崖を浸食しながら、東方の琵琶湖に流れる滝川(たきがわ)上流にかかっています。雄(お)滝・薬研(やけん)滝・雌(め)滝の3段に分れ、合計の落差は76mです。湖上船やJR湖西線(こせ…

”飛竜”賀老の滝(北海道・滝百選)

2009年8月6日に訪問した滝百選です。 高さ70m、幅35mの大瀑布、松前藩の財宝を龍が守護しているという龍神伝説が残されているなど神秘的な趣があります。札幌から国道5号、229号を経由して約190km。島牧村にある滝です。島牧村は、北海…