シロチョウ科

ミヤマモンキチョウ

日本には (浅間山系亜種)と(北アルプス亜種)の2亜種が生息。環境省のレッドリストの準絶滅危惧の指定を受けている。これは浅間山系になりますね。湿原での撮影で木道からしか撮れないので画像は今ひとつでした。<後述>モンキチョウかもしれない?

スジボソヤマキチョウ

近県では見たことの無い蝶です。この写真は青森県での撮影です。茶褐色のスジボソヤマキは越冬した4月の写真です。横になっているのは死んだふりをしているのでしょうか?これが習性のようです。夏は鮮やかなレモンイエローをしていました。近縁種にヤマキチョウがいる。翅の先端の突出が弱く、前翅前縁がピンク色になる点でスジボソヤマキチョウと区別できる。ヤマキチョウは中部地方以西にはいない。

モンシロチョウ

普通のモンシロチョウです。青虫はキャベツを食べます。

エゾスジグロシロチョウ

同属のモンシロチョウやスジグロシロチョウと似ているが、翅脈の周りの鱗粉が黒くなっている点がモンシロチョウと異なる。また、比較的薄暗い場所を好み、市街地や都心部よりもむしろ住宅地や山村に多い。スジグロシロチョウとは酷似しており、雄のみ香鱗を顕微鏡で観察することにより種の区別ができる。スジグロシロチョウとエゾスジグロシロチョウの雑種も自然界で起こっているほどで、両種が同一種であるとの見方も近年まであっ

ツマベニチョウ

シロチョウ科では世界最大級の種。「幸せを呼ぶチョウ」とも言われる。どちらかと言えば南国の蝶で、カーコさんの故郷「屋久島」では庭先をたくさん飛んでいる蝶の一種でした。屋久島へ行った時に必死で追いかけますが、全く止まりません。一部昆虫館の写真を混ぜて掲載します。次回、屋久島へ行った時は必ず撮影したい蝶の一つです。

キチョウ

従来「キチョウ」とされていた種は、キチョウ(ミナミキチョウ、南西諸島に分布)とキタキチョウ(Eurema mandarina、本州~南西諸島に分布)の2種に分けられることになったが、外見による識別は困難と言うことなので通称キチョウと言うことにします。何処にでもいるようですが、さあ写真でも撮ろうとすると見つからない。少なくなってきたかもしれませんね。

ツマキチョウ

モンシロチョウが飛んでいるように見えますが、わずかに翅先の黄色がちらちら見えます。特に♂の翅先は黄色が鮮やかです。

モンキチョウ

幼虫の食草は、シロツメクサなどのマメ科の植物である。 マメ科植物のある場所なら、あらゆる場所に広く分布している。紋がはっきり付いているので区別がしやすい。子供の頃から最もなじみのある蝶かもしれません。

スジグロシロチョウ

ほとんどモンシロチョウと区別しがたい。ただ翅脈に黒い筋があるので判別しました。雄雌や春型と夏型とでは模様が異なり、春型では翅の裏側翅脈に沿い灰色の筋がある。夏型では、表面の黒紋が大きくなるといった特徴が認められる。近似種にエゾスジグロシロチョウがある。当初は混同されていたが現在は別種となった。食草の違いなどからエゾスジグロシロチョウのみが日本に生息していたところに本種が流入したと考えられている。少