コヒョウモン

コヒョウモン(乗鞍)

2019年7月13日 高原のゼフを狙うも「どうもフライングですね!」数人集まったがあえなく撃沈。まだ新鮮なウスバシロチョウが飛ぶのを見て季節の進み具合を知る。1頭のコヒョウモンがポーズをとって開翅。みんなで撮影して時間潰し。
アサマシジミ

アサマシジミ(長野県)

2019年7月6日 今月もアサマシジミのポイントを覗いてみました。少し遅いのでどうかなと思いましたがヒメシジミに混じって少し大きめの蝶が見えました。翅表の黒さからアサマとすぐに分かりました。よく見ると綺麗な個体で数日前の羽化個体のようです。同じ場所もう一頭少し翅表が薄い色のアサマも見つけました。先月は発生地を踏み荒らされて
クロシジミ

クロシジミ(長野県)

2019年7月6日 草原にやって来ました。足元では既に沢山のクロシジミが飛び交っていました。非常に個体数が多いポイントです。あちこちで開翅していますがスレ個体が多いようです。草地を歩くと彼方此方から飛び出して来ます。クロオオアリと共生するシジミで結構大きく見えます。発生地によっ...
ハヤシミドリシジミ

ハヤシミドリシジミ(長野県)

2019年7月6日 次のポイントはカシワ林のハヤシミドリシジミですが、毎年撃沈の曰く付きポイント。お昼前の曇天の空で暑く無いので凌ぎやすい。ダメ元で大きなカシワの木を叩くと一発で何かが落ちた。おやおやハヤシミドリシジミの♀でした。なんか今日は期待できるかなと思ってしまった。気を...
ジョウザンミドリシジミ

ジョウザンミドリシジミ(長野県)

2019年7月6日 ゼフのシーズンがピークになって来た感じです。昨日は白馬で一泊して今日は友人と待ち合わせてゼフ撮影に出かけます。ミズナラやコナラの多い山麓にやって来ました。林道を登り始めると両脇でチラチラとジョウザンが飛び始めています。空は曇天で日差しが殆どありませんが少し明...
ウラクロシジミ

ウラクロシジミ(長野県)

20119年7月6日 ジョウザンミドリシジミの多いコナラの林を抜けると少し開けた空間に白黒のチラつく蝶が頭上で飛ぶのが見えました。この場所はウラクロがたくさん見れるポイントです。マンサクを食樹とするウラクロは夕刻に活動時間帯があり朝方はあまり活動的では無いように図鑑では書かれて...
メスアカミドリシジミ

メスアカミドリシジミ(長野県)

2019年7月5日 朝のうちにコヒョウモンモドキを撮影して次はメスアカのポイントに移動しました。ここでは朝から沢山の友人と出会う事が出来ました。楽しい撮影会なりました。数時間待ちましたがメスアカの卍からスタートしました。卍から離れた1頭が何時もの場所でテリハリを始めました。いい...
コヒョウモンモドキ

コヒョウモンモドキ(長野県)

2019年7月5日 この時期は何かと雨が多く天気予報を眺めてはため息の日が多い日が続きます。よし!明日は何とか晴れそうだと出かける事にしました。名神高速、中央道と乗り継いで中津川から19号線を北上。長野県木曽町の高原へとやって来ました。1,000m以上の標高の高原はこの時期でも...
スジボソヤマキチョウ

スジボソヤマキチョウ(長野県)

2019年6月26日 あえてスジボソヤマキチョウを撮りたくて出かけることは殆どありません。この日は同じ食草系(クロウメモドキ等)のミヤマカラスシジミを見に立ち寄った場所で沢山のスジボソヤマキチョウを見かける事が出来ました。普段はたまに1頭見かける事があってもすぐに飛び去られてし...
アサマシジミ

アサマシジミ(長野県)

2019年6月26日 北陸方面のゼフの撮影後は北陸道を北へ上がって糸魚川から白馬へとやって来ました。昨日は白馬の何時ものホテルで一泊。1ヶ月ぶりの白馬温泉を楽しみました。この日は昨年同様に何時ものアサマシジの発生地を回って見ました。現地に到着して驚いたことに食草のエビラフジがあ...
スジグロシロチョウ

スジグロシロチョウ

2019年6月25日 モンシロチョウと同類のシロチョウでやや大きく、ヤマトスジグロチョウ、エゾスジグロチョウの分類もあります。これは一般的なスジグロシロチョウと思合われます。北陸のヒサマツを撮影に出かけた時に待ち時間に撮影していました。今まで撮影することは殆どなかったように思い...
ヒサマツミドリシジミ

ヒサマツミドリシジミ(北陸)

2019年6月25日 (久松緑小灰蝶 Chrysozephyrus hisamatsusanus)食樹はウラジロガシとされていますが他にも食樹とする可能性がある。羽化した個体は発生地を離れて高所へ移動する。その為に山の山頂付近や尾根で占有行動を見ることが出来ます。多くの採集者が...
アイノミドリシジミ

アイノミドリシジミ(北陸)

2019年6月25日 Chrysozephyrus属は翅表が金緑色に輝くゼフィルスの中でも一際綺麗な種類です。翅の角度や光線の角度、日差しの照度などで微妙に輝きの色合いが異なります。カメラマンとして何としても美しい金緑色を求めて脚立に乗ってでも角度を変えながら撮影しますが、思っ...
フジミドリシジミ

フジミドリシジミ

2019年6月25日 梅雨の時期は天候を見て出かける事が出来るようになりました。定年後は毎日日曜ですから。そんな訳で今週の晴れマークは火曜日と水曜日のみ前後は全て傘マークが並びます。少し時期が遅いかもしれませんがメインの目的は『ヒサマツミドリシジミ』。そんな訳でフジミドリシジミ...