クロコムラサキ(能登半島)

2017年8月26日 以前から情報を集めていましたが今年は蝶友さんから詳細情報をいただき出かけることにしました。能登半島はシルビアシジミで何度か撮影に出かけていて土地勘も少しありました。コムラサキの黒色型変異を「クロコムラサキ」と呼びますが、以前は静岡県天竜川河川敷で一度撮影していますが、石川県能登半島の地域では「黒色型変異」ではなく100%黒色型のクロコムラサキが出現するのです。また正面の斜め傾

海シル(シルビアシジミ)

2017年8月26日 能登シルビアシジミは数カ所のポイントがあるようです。年によっては発生している個体数が違ってくるようです。最初に昨年撮影したポイントへ寄って見ました。ミヤコグサは前回よりも生育が良く花もたくさんありましたが、何故かシルビアは一頭も見つかりません。周りの草付も丹念に見ますが居ません。お昼のオニギリを食べて次のポイントへ移動しました。ここにもミヤコグサの黄色い花がたくさん見られ、そ

ベニヒカゲ

2017年8月20日 前回は♂3頭しか見れなかったベニヒカゲをもう一度見に行くことにしました。現地は標高が高いので下界は晴れでしたが山道を登ってゆくと、次第に濃い霧の中に入ってしまいました。それでも場所によっては霧が少なくなる場所もあり、丁度ベニヒカゲのポイントに到着した時は前が見えるくらいの霧でした。それでもベニヒカゲは元気よく飛び回って居ました。♀も発生して居て数も多く撮影が忙しくなりました。

ヤマキチョウ

2017年8月19日 お昼ころになって主役がやっと登場して今年も会えた喜びでシャッターを押し捲りました。最初は♂1頭が現れ、次に♀1頭と別個体の♂1頭が見つかりました。やがて♂が♀を追いかける追尾飛翔が始まりました。これは上手くいけば交尾も見れるかと期待が膨らみます。しかし♀はお尻を上げてシロチョウに見られる後尾拒否のような体制をとりますが♂も諦めづに追いかけます「もっといけ〜!!」と私たちも♂を

ヤマキチョウ

2017年8月19日 何となく天候が安定しない今日この頃です。今週も長野県方面へ車を走らせましたが中央道で通行止めの案内が早くも大阪から表示されて居ました。TVで報道された瑞浪〜恵那間で土砂が崩れて高速道路を塞いでしまいました。前夜の集中豪雨の後ですが大変な事故でした。瑞浪インターで降りて恵那まで下道を走る事に。今週はヤマキが見たくて出かけました。昨年は8月始め頃から見られたのですが今年は8月初め

高原のチョウ達

2017年8月19日〜20日 標高2000m前後の高原では気温も20度前後と涼しい環境で楽しい撮影ができましたが、しかし日差しがあると暑さが振り返します。目的の蝶が現れるまで周りで飛ぶ蝶を撮影したりして居ましたが、長野県ではオニグルミの木が至る所で見れます。といえば。オナガシジですが、どの木でも居るとは限りません。早速叩いて回りました。数本目のオニグルミで見つけましたが竿で叩くも横っ飛びして降りて

ゴマシジミ

2017年8月6日 オオゴマの後はゴマとお決まりコースです。移動途中でザーと雨が降りましたがゴマポイントでは降ってなかったようです。この時期は局地的に雨が降りますね。車を降りて歩き出すと他の方が「ムモンアカが居た!」と叫んでくれました。1頭の綺麗なムモンアカが降りて来ました。Mさんが竿で叩いたようです。後ろ足にはまだモコモコソックスの残骸が残っているようです。

ベニヒカゲ

2017年8月3日 昨日は佐賀から帰宅せずに彦根で一泊。早朝ビジネスホテルを出発して長野県東御市の高原に到着。早々に朝露に濡れた高原でベニヒカゲを探します。

オオゴマシジミ

2017年8月4日 乗鞍高原のいつものペンションで一泊。温泉と美味しい料理に舌鼓を打って静養できました。さて今日は毎年少ないと嘆いているオオゴマシジミの撮影です。朝食を早々に済ませてポイントへ走りました。いつもの場所に到着すると顔見知りのお二人も到着。何という偶然でしょうか。待ち合わせをしたわけでも無いのに同時刻に到着。そして昨年見た場所に行くとそこにも顔見知りの方がすでに一頭のオオゴマシジミを見

ホシチャバネセセリ

2017年8月3日 ポイント移動してホシチャを探してみる事にしました。昨年も2頭見つけたポイントです。ススキノ背丈も高くなって背丈近くまで。その中へ入ると又もやびしょ濡れ。ワラの山から針を探すような気持ちですね。それでも10分ほどで1頭のセセリチョウが飛びました。大きさや色から間違いなくホシチャです。止まった位置を確認して薮コキして近づきます。しかし悟られて又もや数メートル先へ。次はもっと慎重に接

キリシマミドリシジミ(佐賀県)

2017年8月1日 今日から6日間の夏休みが取れました。さて!どこへ何を撮りに行こうか。この時期に毎年見たい蝶はオオゴマシジミ、ゴマシジミ、キリシマミドリシジミ、クモマベニヒカゲ、ベニヒカゲ等々。生息地と天候も考慮すると非常に悩ましい選択です。毎年失敗しているキリシマミドリシジミが佐賀県でピークという情報も有って時間のあるこの時期にしか行けないので意を決して出かけました。佐賀県のポイントまで約68

オオイチモンジ

2017年7月22日 アイノの撮影を切り上げて急いで上高地にやって来ました。ビジターセンターの周りを隈無く探すもオオイチの姿はありません。こおろぎ橋の付近は観光客で溢れかえっていました。日本語以外の言葉が飛び交っている様です。スマホで橋の上から岳沢を撮影。

アイノミドリシジミ

2017年7月22日 先週は2頭のアイノを目撃したポイントへ今週は友人と撮影するために現地待ち合わせをしました。その前に早朝のジョウザンポイントをのぞいて見ました。先週より卍飛翔の数も多く最盛期の様です。少しスレ個体も出始めていますが数は多い。相変わらず長い時間の卍飛翔をやっていました。

オオミスジ

2017年7月17日 「乗鞍高原ペンション・ポエティカル」は私たちがよく利用させていただく人気の宿です。にごり湯の源泉掛け流しの温泉と美味しい料理が自慢の宿です。宿の前にはスモモの木があって、いつもオオミスジが飛び交っています。乗鞍高原全体にもスモモの木は沢山あります。今日もペンションの玄関でオオミスジが花壇お花に