ヤエヤマイチモンジ

2018年1月3日 お正月の石垣島は20度越えの暖かい天候で最高です。全体的には蝶の数は少ないものの定番の蝶も撮影出来ました。ヤエヤマイチモンジは過去には出会いが少なかった蝶です。特に♀は今回初めての撮影ではないでしょうか。イチモンジなのに♀はミスジなのですね。熊谷さんに教えて頂いて気付きました。教えて貰わないとリュウキュウミスジと思ってしまいますね。

シロウラナミシジミ

2018年1月3日 2015年に西表島へ行ってシロウラナミシジミを初めて見ました。その時は石垣島では発生していなくて、西表島の北部にハナシュクシャが自生する場所でシロウラナミシジミが見られるポイントがありました。その時も2頭ほど目撃して撮影は1頭のみでした。しかし2017年の6月頃から石垣島の各地でこのシロウラナミシジミが発生し、食草のハナシュクシャではなくウコンやゲットウで発生したようです。そこ

コウトウシロシタセセリ

2018年1月3日 このセセリ蝶も何度か撮影しましたが上手く撮れない蝶でした。今までは時期が合わないのか破損個体が多かったのですが、今回は綺麗な個体も見られました。本土で言う「ダイミョウセセリ」と同じで白斑紋が異なる種類のようです。跳び方は高速で目がついて行きませんが、大抵は同じ場所戻ってくることも多いようです。訪花することも多くセンダングサでも吸蜜します。翅は全開翅するので翅裏は逆に撮影出来ない

アオタテハモドキ 2018

2018年1月2日 石垣島二日目です。快晴です。気温も上昇して体感的には夏です。今日の最高気温は24度。北の半島にやって来ました。スジグロカバマダラが周りで飛ぶ蝶道にアオタテハモドキの♂が現れました。夏にくらべると数は少ないのですが綺麗な個体です。

リュウキュウアサギマダラ

2018年1月2日 好天に恵まれた石垣島のお正月。気温は24度で汗ばむほどの陽気です。そんな石垣島の北部では最も発生個体数が多いのは何と言っても「リュウキュウアサギマダラ」です。朝方は体温を暖めるために下草などに止まっていて、私たちが歩いて来ると一斉に数十の個体が舞い上がる様は壮観です。これぞ南国の醍醐味ですね。

ツマムラサキマダラ

2018年1月2日 ツマムラサキマダラもこの時期だからなのでしょうか?今までで一番多く見ることが出来ました。リュウキュウアサギマダラ>ヒメアサギマダラ>ツマムラサキマダラ>アサギマダラ>オオゴマダラ>マルバネルリマダラ。こんな感じの比率でしょうか。この中にヤエヤマムラサキ、リュウキュウムラサキ、メスアカムラサキが混じってくると、もう訳が分からなくなります。しかし◯◯ムラサキは出現場所が少し異なるよ

ヒメアサギマダラ

2018年1月2日 多くのリュウキュウアサギマダラに混じってやや小型のヒメアサギマダラも飛び回っていました。一見して色合いが茶色く小型です。今までも何回か石垣島に来ていますが、今回が一番多くヒメアサギマダラを見ることができました。西表島へ行くとヒメアサギマダラがよく見られていましたが、石垣島ではこれほど多くの固体を見るのは初めてです。昔は台湾から渡ってくる迷蝶でしたが、現在では八重山で定着している

マルバネルリマダラ

2018年1月2日 迷蝶「マルバネルリマダラ」とよく言われています。今まで稀に見る事がありましたが、今回は結構な数を見かけることが出来ました。と言うより私には見分けがなかなか付きませんでした。最も良く似ているのがツマムラサキマダラ。飛んでいると青い翅表がチラリ。どちらも翅裏は茶褐色。「翅先が丸いんですよ!」と言われても違いはそんなに大きくはありません。そのお陰で撮影した枚数が非常に多かったのがツマ

ムラサキツバメ

2017年11月26日 今週は友人ポイントでムラサキツバメの集団越冬を探す事にしました。土曜日は天気も良く事前チェックに日曜日にご一緒頂く前に出掛けました。マテバシイの木もよく判別出来ない私ですが、いそうな雰囲気のする風の当たらない陽だまりを探してた歩き回りました。最初は全開しているムラシに出逢いました。

サツマシジミ

2017年11月3日 秋雨前線の停滞、2週間続けて台風の到来。行きたかったサツマシジミに行けなくて。しかし今週は最初から天気予報は曇りのち雨?なんて予報でしたが、前日から好天して予報は晴になりました。3週ぶりにお出かけしました。蝶友さんと現地で合流。8時を過ぎて里山に日が差すと気温も上がり出し、あちこちから白い蝶が飛び出してきました。朝日に輝いたサツマシジミは白い天使の様です。中には翅欠けもいます

ヤクシマルリシジミ

2017年10月7日 今日は蝶友さんに教えて頂いたヤクルリのポイントに一緒に出かけました。少し早いかもという事でしたが現地に8時前に到着すると、日当たりの良いセンダングサにはウラナミシジミに混じってヤクルリも数頭見つかりました。辺りを散策するとメスも見つかりました。この場所は出始めの時期の様で新鮮個体が多い様です。午後からが活動時間でテリ張りも見られましたが数がまだ少ない様です。オスの開翅はブルー

ミヤマ・クロツ

2017年9月30日 長野県まで来たので何時ものミヤマとクロツのポイントに寄ってみた。最近は少なかったミヤマが今年は沢山飛んでいた。ツメレンゲもニョキッと伸びて花が咲いていてクロツもミヤマも吸蜜。今までで一番数が多かったミヤマに驚きました。ツメレンゲの花が咲く頃が一番良いのかもしれませんね。