シロウラナミシジミ

2018年1月3日 2015年に西表島へ行ってシロウラナミシジミを初めて見ました。その時は石垣島では発生していなくて、西表島の北部にハナシュクシャが自生する場所でシロウラナミシジミが見られるポイントがありました。その時も2頭ほど目撃して撮影は1頭のみでした。しかし2017年の6月頃から石垣島の各地でこのシロウラナミシジミが発生し、食草のハナシュクシャではなくウコンやゲットウで発生したようです。そこから半年も経った2018年のお正月には時期的に見ることが難しいと思われました。ゲットウの花も無くなり、シロウラナミシジミは姿を消したと思われたのですが、なんと!目の前に1頭の大きめのシジミチョウが現れたのが「シロウラナミシジミ」だったのです。しかも、この1頭はボロ、スレでは無くて綺麗な固体でした。この固体は♀でゲットウの葉の上で産卵するのでは無いのだが、あちこちで腹を曲げていました。すでにゲットウの花はありません。通常は花芽に産卵するようですが。