スジグロカバマダラ

2018年1月1日 元旦。今年は寒さに負けて暖かい南の島で正月を過ごすことにしました。お天気が心配でしたが直前の天気予報も雨は降らないようです。大阪を出発する朝の気温は5度。石垣島は20度越える気温らしい。今回はJTAで出発です。正月の石垣島は今回初めてです。冬場の石垣島の蝶は夏に比べると少ないとは聞いていましたがどうんな事になるのでしょうか。今回も熊谷氏と同行する事にしました。事前に色々と調査してくれているようです。北の半島にマダラ蝶が冬場にたくさん集まっているようです。石垣島空港着は午後になるので元旦はぶらっと島を半周してみましたが蝶影は少なそうです。少し雲が多く日差しも少ないので心配ですね。

1月2日、冬場の日の出時刻も遅く7時過ぎになってようやく日が昇りはじめました。天気予報は「曇」でしたがなんとか空の雲も少なく晴れ間が出て快晴になりました。早々に熊谷さんと北の半島へ走りました。早々のお出迎えは「スジグロカバマダラ」ですね。たくさん飛び回っています。よかった! 比較的に新鮮個体が多いようです。あちこちで後尾も見受けられました。鮮やかなオレンジに黒いラインが綺麗ですね。これぞ八重山の代表格です。気温もぐんぐん上昇。今日は最高気温24度の予報です。汗ばむほどの気温は心地よいものです。さあ、これからはどんな蝶が見られるのでしょうか。楽しみです。