宇治平等院(世界遺産)

2017年11月19日 今月も週末の天気が良く無い。昨日も雨。今日は晴れ間も出たのでお出掛け。さすが蝶はもう追いかけませんが紅葉の名所でもと考えましたが、どこもこの時期の名所は人出が多くて。京都でも比較的人出も少ないのではと、宇治平等院へ出掛けることに。1時間足らずで目的に到着。しかし京都の天気もあやしく黒い雲がかかってきます。無事駐車場は確保したものの、やはりそれなりの人出が。鳳凰堂への入場は11時には既に2時間待ちとか。『平等院は永承7年(1052)、関白藤原頼道によって父道長の別荘を寺院に改め創建されました。その翌年の天喜元年(1053)に阿弥陀如来を安置する阿弥陀堂が建立され、その建物が現在鳳凰堂と呼ばれている』(パンフより抜粋)平等院は「古都京都の文化財」の一つとして世界遺産委登録されています。 阿宇池を半周して秋の鳳凰堂を楽しみました。紅葉は平野部でも今週がピークの様ですね。