ツシマウラボシシジミ

2017年9月16日 大型台風18号が近づいています。その前に本日から秋の放蝶が始まるツシマウラボシシジミを見たいので出かける事にしました。以前から聞いていたのですがチャンスがなく、今回は思い切って東京日帰り突撃を実施しました。始発で大阪を出発。慣れない東京を電車を乗り継いで足立区生物園まで行って来ました。初日という事で新鮮個体を期待していました。初日から毎日8頭を放蝶する予定表が出ていました。放蝶園に入ると「ツシマウラボシシジミ放蝶!」の案内板が各所に出て居ます。そんなに広くない園内ですが、蝶は限りなく小さいので探せるかなと?と思っていたら数人のカメラマンがすでに撮影していました。2頭のツシマウラボシが吸蜜していたのですが、何とスレスレ個体。近くにいた係員のお兄さんに「初日でもうスレているんですか?」「申し訳ありません、羽化して時間も経っていましたので」と言う返事でした。3頭目も目撃スレど、なおスレていました。その他も探しましたがそれ以上発見できず。しかしながら初めて見るツシマウラボシに感動。目的を達成して雨が降る前に大阪に戻って来ました。 ボロボロの個体も居ましたので綺麗な個体のみ掲載します。温室放蝶園には南国の蝶がたくさん舞って居て、しばし八重山の雰囲気を楽しんで来ました。食草のヌスビトハギが鉢植えでありました。何とか故郷の対馬で繁殖できればと願います。