海シル(シルビアシジミ)

2017年8月26日 能登シルビアシジミは数カ所のポイントがあるようです。年によっては発生している個体数が違ってくるようです。最初に昨年撮影したポイントへ寄って見ました。ミヤコグサは前回よりも生育が良く花もたくさんありましたが、何故かシルビアは一頭も見つかりません。周りの草付も丹念に見ますが居ません。お昼のオニギリを食べて次のポイントへ移動しました。ここにもミヤコグサの黄色い花がたくさん見られ、そこに一頭のシルビアを発見して早々撮影。そうしていると横で変な飛び方をするシルビアが見えたのでファインダーを覗くと交尾個体でした。最近は老眼が進んだのか小さいシルビアがヤマトシジミかどうか判別するのに一度撮影してカメラのモニターで確認しないと判別できないのです。さて「海シル」海を背景にシルビアの撮影しようとした時!!大変!バッテリー切れの表示。何と言う事でしょうか。2本のバッテリーのうち片方の充電を忘れていたようです。周りにコンセントなんかありません。そこで近くの公衆トイレを探してトイレのオン温便座の電源を少しお借りして20分ほど充電して30%ほど回復出来たので再度シルビアの海背景写真を撮りに戻りました。予備のバッテリーがもう一つ必要でしょうか?オリンパスは本当に電池消耗が早いですね。と言うより私の充電忘れが原因ですが。通常は2本で丸一日2千枚以上撮影出来ていましたので十分だと思うのですが。