ミヤマシジミ 2016/09

2016年9月3日 クロツと同じ場所で見れるミヤマシジミです。ほとんどの生息地は河川敷に残っているようです。コマツナギが生育できる場所も少なくなってきているようです。この梓川流域と天竜川流域は現在では発生数からも安泰な場所かもしれませんね。現在の個体数は2桁が確認できるくらいの数で、少しスレた個体と新鮮個体が入り混じる感じです。メスの翅表がクロツのように茶褐色が虹色に輝く感じがしました。miyama_0903_D75_8415 miyama_0903_D75_8705 miyama_0903_D75_8735 miyama_0903_D75_8752 miyama_0903_D75_8766 miyama_0903_D75_8770 miyama_0903_D75_8784 miyama_0903_D75_8834