ゴマシジミ その2

2016年8月6日 今日も別のポイントへゴマシジミ撮影です。大勢のカメラマン、有名な蝶ブログの方々にお会いできました。同じ写真を撮っても、こうも違うのかと我ながら未熟を思い知りました。まだまだ写真撮影の技術も未熟な私でした。それはそれとして楽しい蝶撮影の遠征は止めれません。毎週長野県通いしてます。朝方は霧に包まれ、冷んやりした山間でしたが、霧が晴れると青空が広がり、高原と言えど暑さが厳しいゴマシジミ撮影でした。当然気温が高くゴマシジミの開翅は難しい状況でしたが、お一人のカメラマンが傘で日差しを遮り、うまくゴマシジミを開翅させてくれました。なかなかのアイデアですね。次回から私も傘を持参することにします。おかげさまで大きな青い翅表のゴマが撮れました。ありがとうございました。goma_0806_D75_5675 goma_0806_D75_5681 goma_0806_D75_5693 goma_0806_D75_5700 goma_0806_D75_5708 goma_0806_D75_5763 goma_0806_D75_5818 goma_0806_D75_5900

コメント

  1. ダンダラ より:

    先日はご一緒させていただいてありがとうございました。
    早朝から熱心に撮影されて、さすがの写真が並んでいますね。
    ムモンアカの場所で早めに切り上げられたのかなと思っていましたが、ヤマキチョウに移動されたんですね。
    素晴らしいファイトに頭が下がります、私は早めに帰宅してのんびりしました。

    • カーコのダンナ より:

      ダンダラさん、こんにちは。
      こちらこそ先日は楽しい蝶撮影が出来、カーコさんも私も喜んでおります。
      前回の湯の丸でもお会いし、今年はよくお会いしますね。
      写真をお褒め頂き、光栄でございます。
      私なぞは「下手の横好き」だけですが、長距離運転は得意としております。
      多少遠くても気にしないで走ってしまいます。
      この日も皆さんともっと長くお付き合いして居たかったのですが、どうもヤマキが気になってしまい、走っていきました。
      いままでヤマキは撮影していなかったので、この機会を逃してはと勇んで撮りにいきました。
      ダンダラさんのすばらしいゴマの写真をお待ちしております。
      ぜひ、またご一緒させてください。
      ありがとうございました。