ウスアオオナガウラナミシジミ

2015年11月6日 今年の八重山も珍品続出です。もう4回目になりますが、まだまだ未見のチョウも沢山いるようですが、今回も熊谷氏は未見のチョウを案内してくれました。名前は一度聞いただけでは覚えれません。14文字もある長い名前です。名前の通り翅表は薄い青色。翅裏は波模様のウラナミ。尾状突起がすごく長い。特徴を全部文字にするとこのチョウの名前になりますね。迷チョウで一時的発生するそうですね。この日は2〜3頭見かける事ができました。 usuaoonaga_D75_5924 usuaoonaga_D75_6072 usuaoonaga_D75_6079 usuaoonaga_D75_6104

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. kazenohane より:

    おはようございます。
    ウスアオオナガウラナミシジミ、初めて聞く名前の蝶ですね。
    新顔の迷蝶ですか?
    ガイドさんに教えてもらわないと分かりませんね。
    八重山は、まだまだ未知の蝶がいて楽しいところですね。

    • カーコのダンナ より:

      フィールドガイドに載ってました。

      こんばんは。kazenohaneさん。
      昨年も少ないですが11月に発生したようです。
      もちろん案内なしでは八重山は手も足も出ません。
      効率的に楽しく最新の情報でチョウ撮影楽しめました。
      来年は時期を変えて行ってみたいと思います。
      そうすれば、また違ったチョウに出会えそうです。