クロツバメシジミ

2015年10月18日 朝はシルビアを見て、その足でクロツのポイントへ移動しました。すると一人の先客がおられました。以前お会いした蝶友さんでした。この時期が丁度食草のツメレンゲの花が満開になる頃だと思ってやってきました。案の定、ツメレンゲの花は満開状態で綺麗でした。しかしクロツの時期は最終段階でスレやボロも多かったのですが、なんとか2頭ほど綺麗な個体もいました。蝶友さんと地面に寝転んでの撮影となりました。比較的低い位置のツメレンゲに止まると撮影が大変です。天気もよく翅表が虹色に輝いてました。この場所のツメレンゲは花の穂だけがニュキッと伸びた面白い形です。地方によってもツメレンゲの形は全て異なるようです。かつて広範囲に自生していた食草のツメレンゲも、今では一部の地域でしか残っておらず、クロツバメシジミの発生も局部的になってしまいました、絶滅危惧種です。kurotu_D75_3573kurotu_D75_3581 kurotu_D75_3634 kurotu_D75_3676 kurotu_D75_3793 kurotu_D75_3806 kurotu_D75_3810 kurotu_D75_3890