サツマシジミ(徳島県)

2015年10月3日 10月に入り朝晩も涼しく感じる季節になりました。今日の最低気温は17度、最高気温は28度が大阪です。この蝶は年4回~6回ほど発生し、いつでも見れる蝶なのですが、なぜか毎年探しに出かけるのは10月~11月です。生息範囲は三重県西部、紀伊半島南部から瀬戸内海沿岸、九州です。私がよく探しに出かけるのが三重県西部、紀伊半島南部と四国です。今回も四国に出かけることにしました。食草はサンゴジュ、クロキ、モチノキなど各種木の蕾ですが、産卵時期によって食草を変えているのかもしれません。サツマシジミを探すにはよく訪花する花を探すのが手っ取り早いですね。今回はセンダングサやヒヨドリバナによく集まっていました。純白の姿でヤクシマルリシジミと区別が付きます。逆光で見ると翅が透けるのが綺麗ですね。satuma_D75_2678 satuma_D75_2719 satuma_D75_2733今日は太平洋沿岸の港も波が静かで穏やかな感じがしますね。青い海に青い空、気持ちの良い四国です。tokusima_D75_2420

コメント

  1. kazenohane より:

    おはようございます。
    逆光に透けた翅がとても印象的です。
    白いヒヨドリバナと白いサツマシジミの撮りあわせが、
    清々しくていいですね。
    青い海と青い空、四国は素敵なところですね。

    • カーコのダンナ より:

      kazenohaneさん。こんばんは。
      いつもありがとうございます。
      この時期の四国遠征は毎年のこのなのですが、いつ来ても良いところですね。
      サツマは、これから寒くなると益々白くなるような気がします。
      11月頃にも見かけますが、白さ際立つサツマは良いですね。