シルビアシジミ

2015年8月29日 (昆虫学者)中原和郎氏とドロシー婦人との間にアメリカ留学中に生まれたシルビア嬢(生後7箇月で夭折)の名前に由来するそうです。英国人のフェントン先生は栃木県でシルビアシジミを発見した第一発見者です。現在では絶滅危惧Ⅰ類。現在発生して居るのは第3化のようです。兵庫県加古川市はミヤコグサで発生する多産地の一つです。ヤマトシジミと非常によく似ています。この発生地では食草のある場所もキレイに草刈りが成されていてミヤコグサも刈られてしまいましたが大丈夫なのでしょうか?少し心配ではあります。関西では伊丹空港周辺や猪名川河川敷にも生息。食草が少し変わっているようでシロツメクサやヤハズソウなどで発生しているようです。場所や時期によってはヤマトシジミと一緒に飛び回る事が多く、同定に苦労します。今回のポイントでは殆どがシルビアシジミでした。早朝でしたが気温も高く朝日が差しても今日は開翅しませんでした。silbia_D75_1053 silvia_D75_1056 silvia_D75_1073 silvia_D75_1083 silvia_D75_1101 sirubia_D75_0852 sirubia_D75_0902 sirubia_D75_0920 sirubia_D75_0929 sirubia_D75_0981 sirubia_D75_0997開翅した!!と喜んで撮影していたら、なんと綺麗なツバメシジミ。tubame_D75_1027

コメント

  1. なつ より:

    シルビアにはもう数年会っていません(^^;
    初めて出会ったポイントもヤマトシジミが多くて撮影には苦労しました。
    今は期待はできないようです。
    名前の由来…初めて知りました!!

    • カーコのダンナ より:

      なつさん、こんにちは。
      シルビアは関西では毎年見れていますね。
      伊丹空港にも居て、わざわざ探しに出かけた事もあります。
      シルビアは春が良いですね。
      夏は炎天下で小さいチョウを這いずり廻って撮影するのが辛いですね。
      名前の由来も初めて調べてみましたが、面白いですね。
      発見者の名前とばかり思っていました。

  2. kayo☆ より:

    とても可憐なシルビアシジミ♪
    シルビアと名付けられたお嬢さんが生後7ヶ月で亡くなってしまうという、可哀想な物語が、このチョウの名前に込もっているんですね゚。・゚ヾ(゚`ェ´゚)ノ。゚・。
    じっくり見させて頂きました

    • カーコのダンナ より:

      kayo☆さん、こんにちは。
      ヤマトシジミと全く同じと言えばそれまでですが、名前がチョウらしからぬ所と絶滅危惧種が撮影意欲をそそりますね。
      この時期はヤマトシジミも少なく、シルビアも比較的綺麗な個体が多かったですね。
      それに反してミヤコグサが草刈りで無くなっていたのはショックでした。