セツブンソウ(愛知県新城市)

2013年2月14日

愛知県新城市名号袋林12-1 名号(ミョウゴウ)石雲寺(セキウンジ)JR三河川合駅から徒歩約10分。セツブンソウ(節分草)、キンポウゲ科セツブンソウ属の多年草。関東地方以西に分布し、石灰岩地域に多く見られる。高さ10cmほど。花期は2~3月で直径2cmの白い花を咲かせる。花弁に見えるのは萼片である。和名は、早春に芽を出し節分の頃に花を咲かせることからついた。朝一番に石雲寺に到着。お寺のおばちゃんが出迎えてくれました。朝一番はセツブンソウの花もまだ下を向いています。気温が上がるにつれて花が上を向いてきます。これはカタクリの花に似ていますね。花は球根で種から3年目に花をつけるそうです。お寺の境内の梅ノ木の下にたくさんのセツブンソウを育てていました。

セツブンソウ 2013/02/14

セツブンソウ 2013/02/14

セツブンソウ 2013/02/14

セツブンソウ 2013/02/14

セツブンソウ 2013/02/14

セツブンソウ 2013/02/14

石雲寺 愛知県新城市

石雲寺 愛知県新城市

石雲寺 愛知県新城市

石雲寺 愛知県新城市

セツブンソウ 2013/02/14

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする