クモマツマキチョウ(北)

2015年5月17日 悪天候の先日に北アルプスにやって来たのですが、昨日は何とか一頭が私たちと遊んでくれました。今日は晴天の日曜日です。昨日のポイントへやってくると、すでに友人たちは昨日の個体と遊んでいました。♀雌は見当たりません。しばらくは同一個体でしたが遊びました。kumotuki_D75_0046

kumotuki_D75_0069

kumotuki_ND7_1104

kumotuki_ND7_1269

kumotuki_ND7_1310

kumotuki_ND7_1328

やがてお昼前になり、別のポイントへ移動。登山口のポイントへ来ると、そこは満員御礼のカメラマンが集まっていました。顔なじみの方も居られましたが、午前中はどうも出が悪いようだ。この人数では一頭を追い掛け回す結果になるのは必至。少し離れた別のポイントへ移動。しかし今年はスミレの花も全くなく期待薄でしたが、すぐに一頭が川下から上がって来ました。私達の前を素通りして、また戻ってきたのですが素通り。吸蜜で止まる花が無いようです。仕方なくクモツキの後を追うと、途中で蝶影が消えた。探して見ると見つけたのはエンコグサで吸蜜していたのです。kumotuki_ND7_1441他な花が無い場所だったので仕方ないですね。そして河原へ戻るとお昼時、昼食にして午後はオオルリを見て帰ることにしてお弁当を食べていると、またまた目の前をイエローが通り過ぎてゆきます。慌ててカメラを持って走ると、今度はスミレに頭を突っ込んでました。kumotuki_ND7_1524

今年は昨年と同時期なのですが発生出現個体数が非常に少ないようでした。また来年も沢山のイエローに会いたいですね。しかし写真のハタザオには黄色い卵が沢山見受けられました。元気に育ってください。