シルビアシジミ(加古川市)

2014年9月6日(土)今日は久しぶりの晴天の朝を迎えました。と言っても夜はスゴイ雨降ってましたね(-_-;) 加古川市は自宅から近いほうなのでゆっくり出発。と言っても長野県よりは近いと言う意味ですが。加古川市ではため池が非常に沢山あり、そのため池の周りにミヤコグサが自生していてシルビアシジミが生息しています、そんな場所が何か所もあります。まづ一か所目はミヤコグサの自生範囲が少ない場所ですが2頭のシルビアを発見。少し擦れ気味でしょうか。しかし、周りには紛らわしいヤマトシジミが沢山居ます。最初は目が慣れないので見分けが大変です。次に3kmほど離れた別のため池へ。ミヤコグサは多いのですが黄色い花がまだ少ない状態でした。ここでも3頭ほどのシルビアを発見。どうも発生時期の端境期の感じがしました。次第に気温も上昇し、蒸し暑さに長時間の撮影は困難で、次の目的のチョウポイントへ移動します。

silvia_7593silvia_7528 silvia_7540 silvia_7550 silvia_7559 silvia_7575 silvia_7603

 

紛らわしいチョウ達です。ヤマトシジミ。ルリシジミ。

yamato_7624ruri_7626

コメント

  1. kazenohane より:

    加古川のシルピアシジミですね。
    ミヤコグサの花に吸蜜するシーンを撮ってみたいと思っていますが、
    名古屋からは遠いですね。
    確かにヤマトシジミが生息地にいると、
    紛らわしいでしょうね。

    • カーコのダンナ より:

      kazenohaneさん、こんばんは。
      いつもコメント頂き、ありがとうございます。
      ミヤコグサの花が満開になるころはいつ頃かハッキリしませんが、その頃に再度行ってみたいですね。
      「花と蝶」がテーマのkazenohaneさんですからね。
      下草に止まるシルビアの撮影は、屈み込むのでつらい姿勢を強いられます。
      最近お腹の出が気になります。