アイノミドリシジミ

※ 掲載写真の2枚目がアイノミドリシジミで1枚目と3・4枚目はジョウザンミドリシジミと判明しましたので訂正します。ご指摘頂きましたKanabunnさん。ふうさん。ありがとうございました。

---------------

ainoC2014

2014年7月13日 乗鞍高原からの帰り道にアイノミドリシジミのポイントへ寄ってみました。先週、少し立ち寄ったのですが撮影は出来ませんでした。今日は天候が悪く小雨が降ったり止んだりで心配ですが「ゼフは雨でも飛ぶ!」と師匠に教わっておりますので行ってみました。たしかに卍を繰り広げるアイノミドリシジミが10頭近く飛び交っていました。しかし周りが少し暗くなって小雨も降ると少し休憩モード。また少し明るくなるとテリハリを繰り返します。いつまでも見ていて飽きませんね。中でも一際エメラルドグリーンに輝く一頭が居ました。これがアイノミドリシジミの「金緑色」でしょうか。↓

ainoA2014

丁度、真上からの角度でこの色が出るのかも知れません。しかし、他の個体は真上からでもこの金緑色の輝きは出ませんでした。鱗粉の角度が異なるのでしょうか。

ainoB2014 ainoD2014