ハヤシミドリシジミ(但馬)

DSC_3287 DSC_3272

2014年7月11日 但馬のカシワ林の住人です。丁度お昼時で活動時間にはまだ早いようでした。♀は少し地色が濃いようです。カシワの葉に止まっていましたが、暑くてすぐに葉の裏へ逃げ込みました。オスもテリハリの時間ではないのか、翅を広げませんでした。このカシワ林には沢山のゼフが居ますが、今日は1時間ほどでハヤシミドリシジミのみしか会えませんでした、アカシジミも頭上をまだ元気に飛んでいました。エゾミドリシジミも、もう少し早い時期には沢山いて、アチコチで卍が見られます。今日は蒸し暑さが堪らなくて退散しました。

DSC_3260 DSC_3279

コメント

  1. 蝶 旅の友 より:

    ゼフの区別が出来るように進歩されましたね。
    立派です。
    私はまだまだ全然分かりません。
    ↓ クロシジミもいいですね。
    生息地も少なくなっている様子、見てみたいですね。

    • カーコのダンナ より:

      蝶・旅の友さん、こんばんは。
      ゼフの区別はまだまだ難しいですね。
      翅表だけでは区別できません。
      撮影した時間が一つの目安。
      翅裏があればもう少し区別できそうです。
      クロシジミ、まだまだ各地で撮影されているようです。