カシワアカシジミ(キタアカシジミ)北海道

2014年6月27日 梅雨のない北の国は、この時期蝶の天国に変わるようです。昨年からシジミチョウで未見の蝶にカシワシジミとリンゴシジミが北海道で残っていました。いつかは行かないと!と思っていましたが、急に思い立って衝動的に出かけてしまいました。本州のアカシジミとの違いはあまり無いようですが、主にカシワを主食としています。発生地には広大なカシワの林が何キロにも広がっており、今がちょうど発生が始まったばかりですが、その数はものすごい数です。長竿でカシワをひと叩きすると、ワッと10頭以上のカシワアカシジミが飛び立ちます。足元の笹の葉の裏には蛹が沢山いて、次々と羽化が始まっていました。この地では数年前から大発生が始まっていて、それまでは探さないと見つからないほどしか居なかったそうです。地元の採集者の方にもお話を聞けました。今ではネットで採集するよりも蛹を持ち帰り羽化した成虫を標本にするようです。正にカンピンですね。オレンジ色の花吹雪のように沢山のカシワアカシジミ(キタアカシジミ)が舞う発生ポイントでした。

akasijimi

柏林が多い海岸付近
海岸地域に多い柏林

コメント

  1. ふう より:

    目が肥えてくると識別は簡単でしょうが、日か浅い者にはなかなか・・・
    生息環境で識別、ただ混在している場所もあるので一概には。

    • カーコのダンナ より:

      キタアカはこの場所では普通のアカシジミは居ないと聞いてたので、全部キタアカと信じてました。
      まだまだ「目が肥える」所まで何年かかるでしょうか?
      混生地はどちらか判らないスリルがあって面白いかも!
      丁半博打見たいですね。