キナンウラナミアカシジミ(比較)

2014年5月28日 キナンウラナミアカシジミ(ウラナミアカシジミ紀伊半島南部亜種gotohi Saigusa,1993)はウバメガシ林に産する集団です。比較する部分としては前翅長が短く、裏面の黒条が発達し、尾状突起が長いなどの形態に差異がある。と、日本産蝶類標準図鑑にあったので以前撮ったクヌギの木で育ったと思われるウラナミアカシジミを一画面に集めてみました。上2枚は今年紀伊半島のウバメガシ林で発見した同一個体。下2枚は通常のクヌギ林で撮ったものです。「これは難しい」が私の結論です。まあ。これがキナンウラナミアカと信じて今回の探索を終了します。

kinan_uranami2014_hikaku

今回の南紀で出会った蝶です。アオバセセリも見かけました。アカシジミは遠くて望遠でも豆粒ですが今年初見です。ダイミョウセセリ、アカタテハも居ましたね。

DSC_6374 DSC_6378 DSC_6396 DSC_6470