ヒメギフチョウ(原村)

2014年5月8日 長野県遠征の最終日は諏訪の原村へ寄って帰りました。ヒメシロチョウを撮影後に同じくヒメシリーズのヒメギフも生息していました。このポイントはカタクリは無く、吸蜜源はもっぱら「タンポポ」でした。ネットで調べたポイントと全く同じ場所でした。車を乗り入れると目の前にヒメギフが飛ぶのが見えた。すぐに降りてタンポポで吸蜜するヒメギフチョウを撮影できた。車で周辺を流すと林の中を飛ぶヒメギフが何か所かで見かけた。ここ八ヶ岳山麓には、このようなポイントが沢山ありネットマンの採集場となっているようです。タンポポとヒメギフ!は写真的にはどうなんでしょうか??写し方にもよるでしょうが、これは今一でしたね。

DSC_4761 DSC_4771

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 蝶 旅の友 より:

    タンポポとヒメギフも綺麗ですね。
    以前孫娘がタンポポに止まるヒメギフを見たと言っていました。
    私も見たいと思いましたが叶いませんでした。
    ↓ ヒメシロチョウ は可愛いですね。
    綺麗ですね。

    • カーコのダンナ より:

      蝶・旅の友さん、こんにちは。
      蝶も場所が変われば吸蜜対象の花も変わって来ますね。
      ここはタンポポ以外に花が見当たりませんでした。
      白馬でもたまにタンポポ止まりが見られます。
      カタクリ、桜、タンポポと今年はいろいろ撮れました。
      来年はどんな花で撮れるか楽しみです。