常虹の滝(とこにじのたき)

2014年4月15日 今日は早朝から富山県のギフチョウ撮影に出かけました。その帰り道、国道41号線を南下し神一ダムを過ぎると右手に「常虹の滝」の看板が見えてきます。ここを右折して細い道ですが舗装された道を川沿いに走ると5分ほどで滝前に到着します。道はこの上にも通じていますが、ここからは通行止めになっていました。専用の駐車場は有りませんが路肩の広い場所に止めて階段を少し降りると滝前です。右の断崖から落ちる滝が一本と正面奥に段々に落ちる滝が雪解けの増水した水量で迫力満点の滝が見れました。この場所にはスギタニルリシジミが沢山飛び交っていて、これも楽しい撮影被写体でした。猪谷川下流にある瀑布。白衣観音に護られて、右手に蛇歯見(じゃばみ)の滝、その下に五色の滝、正面に二筋の夫婦(めおと)滝、その上に大滝(不動滝)があります。朝に虹がたつことから、これらの五筋の滝の総称として常虹の滝とよばれています。

DSC_3680

DSC_3722

DSC_3734