ギフチョウ(静岡県2014)

2014年3月25日 天候は晴れのち曇り。最高気温19度。風力3m。現地到着8:30。静岡県では数日前から今年一番のギフチョウ初見の情報が入ってきました。こうなればもうウズウズ!出かけないわけにはいきませんね。ここはギフチョウ発生が最も早い場所として有名なようです。もちろん採集禁止の保護区です。ここではどんな写真を撮ろうか?やはり「花にチョウ」が理想ですが、この場所には和束のカタクリの花と、スミレが有りました。そして山頂付近には「アセビ」が沢山の白い花を着けていました。ここへは沢山の蝶が集まりそうです。ギフチョウと見間違えるような綺麗なナミアゲハ(春型)が吸蜜にやって来ました。そして念願のギフチョウも朝の吸蜜に次から次へとやって来ました。小さなスミレにも吸蜜に来ますが、蜜が少ないのか?ほんの1~2秒しか止まりません。しかし、アセビの花に吸蜜している時間は非常に長い時間(数分から数十分)止まっていました。暖かい日差しに包まれて吸蜜する蝶達を撮影できた満足できる日帰り静岡遠征でした。

DSC_2213DSC_2524DSC_2000