ギフチョウ(静岡県2014)

2014年3月25日 天候は晴れのち曇り。最高気温19度。風力3m。現地到着8:30。静岡県では数日前から今年一番のギフチョウ初見の情報が入ってきました。こうなればもうウズウズ!出かけないわけにはいきませんね。ここはギフチョウ発生が最も早い場所として有名なようです。もちろん採集禁止の保護区です。ここではどんな写真を撮ろうか?やはり「花にチョウ」が理想ですが、この場所には和束のカタクリの花と、スミレが有りました。そして山頂付近には「アセビ」が沢山の白い花を着けていました。ここへは沢山の蝶が集まりそうです。ギフチョウと見間違えるような綺麗なナミアゲハ(春型)が吸蜜にやって来ました。そして念願のギフチョウも朝の吸蜜に次から次へとやって来ました。小さなスミレにも吸蜜に来ますが、蜜が少ないのか?ほんの1~2秒しか止まりません。しかし、アセビの花に吸蜜している時間は非常に長い時間(数分から数十分)止まっていました。暖かい日差しに包まれて吸蜜する蝶達を撮影できた満足できる日帰り静岡遠征でした。

DSC_2213DSC_2524DSC_2000

コメント

  1. HOUNOKI より:

    こんにちは。
    お誘いいただき、ありがとうございました。
    天気も良く、念願のアセビの花の吸蜜シーンも撮影でき、
    充実した1日でした。
    ギフチョウが生き生きと写っていますね。

    • カーコのダンナ より:

      こちらこそ、お疲れ様でした。
      私もアセビの花に吸蜜するギフチョウの絵は初めてです。
      とても嬉しかったですね。
      本当にこの場所は良かったですね。
      アセビの花の前で待ってたらギフチョウがどんどんやって来る。
      こんな楽ちんな良い場所は無いですね。
      ありがとうございました。

  2. lapis-k より:

     真っ白なアセビの花に止まるギフチョウは、本当に美しいと思いました。
    満足でしたか?遠征の甲斐がありましたね。

    • カーコのダンナ より:

      lapis-k さん。ありがとうございます。
      ギフチョウが白い花に来るのも珍しいですね。
      じつは、この花が「アセビ」と言う名前であることも知らなかったのです。
      本当に植物の名前をあまり知らないんですよ(-_-;)
      でも良い写真が撮れて嬉しいですよ( ^^) _U~~

  3. こんにちは
    憧れるシーンを撮影され羨ましいです^^
    個体数はどのくらいになりましたかね?
    監視員さんの話によると
    ギフチョウは紫が好きで白はあまり好きではないようですが
    ここですと白い花が沢山で
    紫は少ないので
    珍しいシーンをとることができる場所だそうです。
    行った甲斐がありましたね^^

    • カーコのダンナ より:

      さっちゃん♪ ありがとうございます。
      皆さんが土日に楽しくオフ会で行かれた様子を拝見して、ウズウズしてましたよ。
      早速休みに4時出発で出かけました。
      日帰り580kmも楽しい蝶撮影だと苦になりません。
      お陰さまで良い写真が撮れました。
      これだから蝶撮影は止められませんね。
      毎年違った絵が撮れます。
      この日は気温も高く、尾根沿いの小路ではアチコチでギフチョウの乱舞が見られました。
      ギフチョウは乱舞しながら時には卍飛翔したり、尾根道を行ったり来たりする光景が午前中繰り広げられました。
      その数は「お~めちゃ沢山いるな~」と嬉しくなるくらいの数です。
      そんな感じで今週末もピークが続きそうですね。
      監視員のおじさん曰く「去年は少なかったが今年は多そうだな~!」って喜んでましたよ。

  4. 蝶 旅の友 より:

    アセビの花でギフチョウの吸蜜 素敵ですね。
    ギフチョウの個体数も増えてきた様子。いい時期でしたね。
    私も行きたかったです。
    私はマイカーでは怖くて登れません。

    • カーコのダンナ より:

      蝶・旅の友さん、おはようございます。
      本当は前の週に行って一番乗りしたかったのですが、平日の休みにしか行けませんでした。
      久し振りの浜松は場所の記憶も薄れHOUNOKIさんに教えて貰いました。チョウの撮影タイミングは何時も難しいものが有りますが、今回は上手く合ったようで良かったです。次回はまたご一緒出来れば嬉しいですね。