大和郡山城のしだれ桜(奈良県大和郡山市)

2009年4月3日 大和郡山城は明治に建物が解体され石垣しか残っていませんでした。それを昭和55年築城400年を記念し、追手門、追手向櫓(やぐら)、東隅櫓、多聞櫓を復元したのです。写真は東隅櫓にかかるしだれ桜で「郡山城の桜」のシンボル的存在です。この桜は比較的早くに咲き始めます。すぐ隣に近鉄電車が走っているのですが、桜が咲く頃に電車に乗ってここを通過すると、かなりの人が車窓からこの桜を眺めているのがわかります。この桜は夜になるとライトアップされ昼間の華やかさとは又違う妖艶な雰囲気になります。夜も見逃せません。お堀に写るシダレサクラが綺麗ですが近鉄電車の線路内から写さないと撮れないんですよ。一本桜も好きですが「お城と桜」も絵になりますね。

DSC_0695

DSC_0673

コメント

  1. lapis-k より:

     こんにちは。
    又兵衛桜にも引けを取りませんね。
    私の知らない、素晴らしい桜が沢山あります。

    • カーコのダンナ より:

      桜写真の在庫は結構あり、蝶までの時間稼ぎが出来ますね(笑)
      日本人の性格には桜が良く似合うのかも知れませんね。
      しかしギフチョウが出始める頃から桜と蝶をにらめっこしながら
      出かける場所を探すのも楽しいですよ。

  2. HOUNOKI より:

    こんばんは。
    しだれ桜、石垣、お城と揃い、見事な風景を作り出していますね。
    ここに桜が欲しいという位置に収まっています。
    さすがに歴史の舞台「奈良県」には、
    魅力的な桜が多いですね。

    • カーコのダンナ より:

      ありがとうございます。
      さすがHOUNOKIさん、コメントがお上手ですね。
      自分の写真の腕が上がったかのような勘違いをしそうです。
      本当は京都へ行くともっと素晴らしい桜を見る事が出来ます。
      しかし「手入れされ創られた桜」と言う感じで、拝観料も必要。
      私はやはり野山に咲く自然の一本桜が好きですね。
      背景とマッチする桜もいいのですが、背景の無い丘の上の一本桜も素敵ですね。