氷室神社のしだれ桜(奈良市)

2010年3月27日 近畿地方でも、もっとも早く満開になる桜です。「春一番桜」とも呼ばれているようです。奈良公園の入り口近く、大仏殿の手前に氷室神社があります。樹齢は約100年。氷室神社は平城遷都の頃、吉城川の上流に氷室(吉城川氷室、春日氷室、水谷・氷室とも称される)を作り、厳寒に結氷させたのを貯蔵し翌年、平城京へ献氷しておりました。このような歴史から氷室神社は製氷や冷凍・冷蔵の守護神として信仰されています。3月末にはこのように満開になっているので、ついつい見逃してしまう桜でした。4月初めには、もう葉桜です。今年も見逃さづに見る事が出来るでしょうかね?

DSC_8691

DSC_8732