満願寺の「八講桜」(奈良県桜井市)

2008年4月2日 この頃から一本桜を巡り始めました。まず手始めは奈良県でした。日帰りで数か所の一本桜を回ることが可能でした。*案内板* 「満願寺西側の斜面の肩にあり、樹高約25m、1.3mのところでの幹囲りは3.94mあって、地上4mのところで3本の支幹にわかれ、枝は約5mにわたり広がっている。多武峰談山神社の元に、八講祭を行う寺院にシダレサクラを植えたとの言い伝えがあるので、樹齢は約300年を数えることとなる。四月上旬に満開となる。」この桜は西向きの丘からせり出して枝を張り出しています。この時間は早朝で、朝日が当たる時間です。朝日に透ける花びらが最も綺麗に見えると評判でした。

DSC_9124 DSC_9134 DSC_9159

コメント

  1. HOUNOKI より:

    おはようございます。
    毎回、まだ見たことの無い桜の花、楽しみにしています。
    満願寺の八講桜、朝日に映えて美しいですね。
    この桜の幹は、とても太く、古木の風格がありますね。
    花期と日照時間などを考えて、撮影に行く必要がありそうですね。

    • カーコのダンナ より:

      ありがとうございます。
      一本桜の写真はあまり整理できていなくて、丁度いい時期なので
      昔撮った写真を見直して整理できます。
      「写真は光と影の芸術」なんて、どこかの誰かが言ってたような気がします。
      桜も天気が良くないとダメですね。