冬の山野草(京都府立植物園)

2014年2月18日

この頃、必ず訪れる京都府立植物園。なにが目当てと言えば「セツブンソウ」でしょうか。その他にもフクジュソウやバイカオウレンなどの花も見れます。植物園だけに一か所で多くの冬の山野草に出会えるのです。激寒の2月ですが、一足早く春を感じたいと思う心が植物園へと足を向けるのです。花の写真はあまり得意ではありません。カーコさんはこんな冬の花が大好きです。

梅林の入り口では蝋梅が満開で紅梅の早咲きもありました。

DSC_9744

DSC_9749

DSC_9754

お目当てのセツブンソウも花恋な花びらが特徴ですね。

DSC_9664

ミスミソウの細かなピンクの雄蕊がアクセントです。

DSC_9675

セリバオウレンはまるで線香花火のようです。

DSC_9715

フクジュソウの黄色は目を見張ります。

DSC_9656

ランプの傘のようなスノードロップも花盛りです。

DSC_9733

梅林で出会ったジョウビタキの胸のオレンジ色は一際綺麗に輝いていました。

DSC_9771