「荘川桜」(高山市荘川町)

昨日、荘川町を走った時に雪に埋もれた「荘川桜」を見てきましたが、この桜の満開に出会えた2010年5月3日の写真をご紹介します。いつもこの桜を見たいと思っていましたが開花の時期に休みが取れない場合が多いので見れない桜の一つでした。この年、前日に神奈川県の滝巡りをしている時にインターネットで開花を知り、すぐに岐阜県まで戻り高山で一泊して5月3日に開花した荘川桜に出会えました。この次の日が開花から4日目で満開宣言でした。花が咲くと一気に満開になってしまうようです。樹齢は500年とも言われています。素晴らしエドヒガン桜です。

DSC_0730

DSC_0734

DSC_0737

なんと言っても「荘川桜」にはここに咲く物語があります。荘川村のHPより転記させていただきます。

私たちの町の誇りである、樹齢500年の『荘川桜』を紹介します。
この荘川桜は元々この場所にあったのではなく、不可能と言われた移植によって現在の位置にあります。移植に至った理由は、御母衣(みぼろ)ダム建設により、荘川村(現荘川町)中野地区が水没することになったため、同地区境内にあった老桜も同じ運命になるはすでした。それを愁いた当時の人々の想いがあったためです。当時の専門家はこのような老木の移植など、到底不可能といった理由から、1本が枯れても1本が助かればとの想いから、2本移植され奇跡的に2本とも蘇生したのです。
今では失われつつある[自然の大切さ・物への愛情 ・ 命の尊さ]を、改めて教えてくれる私たちの大切な宝なのです。

春が待ち遠しいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. HOUNOKI より:

    こんばんは。
    荘川桜、美しいですね。
    花が一番きれいなときに撮影するのは、
    かなり難しいですね。
    昔、見たことがありますが、
    こんなにきれいではなかった記憶があります。
    また、アンコールで一本桜を見せてください。

    • カーコのダンナ より:

      こんばんは。
      私も荘川桜の満開はこれが最初で最後ですね。
      ゴールデンウィークの最中に休日が取れない仕事でしたので。
      桜も毎年同じように満開になるとは限らないようで、天候にも左右され花が少なかったり先に葉が出てしまうと最悪です。
      「アンコール」のお声がかかると嬉しいですね。
      在庫を探して見ます。
      しばらくお待ちください。