ミナミキチョウとタイワンキチョウ

2013/11/06 もっとも見慣れたはずのキチョウですが、ここ石垣島ではキチョウは「ミナミキチョウ」に分類されるようです。本州では「キタキチョウ」と名前が変わります。飛んでいるとほとんど見分けがつかない同じキチョウでも「タイワンキチョウ」も石垣島では普通に飛んでいるようです。撮影したチョウの写真を整理していて翅裏の模様が少し違って見えました。この蝶も高温期型と低温期型でも違いが出るようです。石垣島の11月はすでに低温期型の発生する時期のようです。それはクロマダラソテツシジミではっきりわかりました。

【ミナミキチョウ】

DSC_5311 DSC_5336

【タイワンキチョウ】この2枚は少し怪しいのです。一番下はウスキシロチョウにも思えそうですが?

DSC_4277 DSC_6550