サツマシジミ(串本)

2013/11/20 サツマシジミを求めて南紀串本へやって来ました。しかしながら時期が少し遅かったのでしょうか有名なポイントでは見る事が出来ませんでした。サツマシジミは11月いっぱいは見れる蝶のようなので、翌日もう少し範囲を広げて探してみる事にしました。串本の海岸通りのセンダングサがある場所を順番に探します。一番センダングサが群生している場所はJR紀勢線の線路脇でした。50m位にわたってセンダングサが線路脇に続いています。端からゆっくり車を走らせながら探してゆくとセンダングサの花に止まった白いチョウを発見。ビンゴ!サツマシジミでした。もう一頭の白いチョウも撮りましたがヤクルリのスレ個体でした。そしてもう一頭ひときわ白い個体のサツマは海の方へ飛び去られてロスト。残念。昨年は室戸岬で初めてサツマシジミ見たのですが、今年は室戸では見つかりませんでした。気温や時間が変わると現れない場合もあるようです。串本のJR線路脇も実は前の日に一度見ていた場所ですがその時は全く居なくてウラナミやヤマトばかりでした。1年ぶりの再会ですが時期が少し遅く若干のスレが目立つ個体でした。しかし朝日に開翅したサツマはやはり綺麗で感動モノでした。♀個体です。飛び去ったのは♂のような気がする(-_-;)

DSC_7728 DSC_7775 DSC_7778

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. HOUNOKI より:

    こんばんは。
    サツマシジミが見られて何よりです。
    やはり、センダングサの花に来ますね。
    花を探して、その中で蝶を見つけるのは、
    効率的でいいですね。
    来年は、ピークのときに、見たいですね。

    • カーコのダンナ より:

      サツマは11月初めがピークでしょうか。
      来年は是非ピークに訪ねたいですね。
      サツマの発生地が全く判らずに訪花する場所で待つのはハズレの場合もあり得るかもしれませんね。
      食草のサンゴジュも全く見かけなかったので山の中でしょうかね。
      蝶によっては食草の周りを探すのが鉄則のようですがサツマの場合は違うかもしれませんね。