ヤクシマルリシジミ(低温期型)

2013/11/14 高知県で一泊して翌日も良い天気でした。もう一度徳島県の海陽町に寄ってみました。サツマシジミやヤクシマルリシジミが見れる場所があるようです。河口付近で民家の前の空き地にセンダングサが自生しています。河原の土手にも沢山ありました。また海岸の近くには野イバラも沢山自生していました。10時ころに少し日が差してきました、するとセンダングサの周りでは青く輝くちょうが沢山飛び始めました。その多くはヤマトシジミですが、中には翅の白い個体もチラチラ見られました。よく見るとヤクルリです。日が差しているのでセンダングサに吸蜜しながら開翅するヤクルリの♂が沢山見られました。メスは1頭見つけたのみです。オスの翅表は非常に青く輝いています。これを低温期型と言うようです。夏の高温期型に比べると一回り小さいように思いました。吸蜜している間はマクロで接近撮影が可能でした。当然引っ付き虫(センダングサの種)がズボンにビッシリになりました。カーコさんも同様でしたが、その時側を通りかかった地元のおばさんに「そんな処に入るとクソがいっぱい付くよ!」と言われちゃいました。センダングサの種はこの辺りでは「クソ」と言うようですね。おかげで今日はヤクルリの青い翅表をたっぷり撮ることが出来ました。

DSC_6915 DSC_6892 DSC_6973 DSC_6959 DSC_6953

メスの白い翅表部分も低温期には発達しているようです。

DSC_6963

SONY DSC

コメント

  1. 蝶 旅の友 より:

    綺麗なヤクルリですね。
    ↓ アサギマダラが沢山居ましたか、これから飛び立つのでしょうか。
    遠征が出来ていいですね。

    • カーコのダンナ より:

      ヤクルリは数が多かったので撮影しやすく天気も良く翅表の青さが綺麗に写せました。やはり蝶は花で吸蜜している時が一番撮りやすいし絵になります。室戸岬のアサギマダラは昨年よりも数が多かったですね。しかし豊橋ほどの数は無かったですよ。サツマシジミを見たかったのですが叶いませんでした。

  2. HOUNOKI より:

    おはようございます。
    青い翅がチラリと見えるヤクシマルリシジミ、きれいですね。
    くっ付き虫は、八重山に行ってもくっ付きます^_^;
    蝶の撮影には、付き物かもしれませんが。

    • カーコのダンナ より:

      今回のヤクルリはマクロで接近撮影が可能でしたので十分楽しめました。ここのセンダングサは白い花びらがありました。アメリカセンダングサは花びらが無いようでしたが、花に止まった蝶はやはり良いですね。

  3. na-gi より:

    ka-koさんの旦那様
    石垣島での南国の蝶。
    たくさんの蝶との出会いだったご様子ですね。
    次はどんな蝶の紹介かなと、
    記事がUPされるのを、楽しみに拝見しておりました。

    タテハモドキの目玉なんて、
    もう、na-giのストライクな蝶です。
    ありがとうございました。

    ヤクシマルリシジミ。
    na-giの方は、あの公園で、
    今年は目撃できず、蝶のシーズンが終わりそうです。

    • カーコのダンナ より:

      na-giさん、お久しぶりです。
      我が家は、相変わらずお出かけモード全開で蝶を探しまわっています。
      これからは成虫越冬種をまだ探すことが出来そうですよ。石垣島へ行けば年中蝶のパラダイスもあります。
      だから蝶のシーズンに終わりはありません。
      ヤクシマルリシジミは知多半島にも居るようで撮影されている方も居ます。
      南国の蝶は、まだもう少し在庫がありますのでUPしますのでお楽しみに。
      コメントありがとうございました。