ホリイコシジミ

2013/11/06 日本国内でも「最も小さい蝶」の部類に入るホリイコシジミが居るという事で案内してもらいました。バンナ公園の一角の空き地。地面にはシソの葉に似た「シソモドキ」と言う植物が有りました。少し薄暗い場所で飛んでいても?何処?と言う感じでした。翅を広げても1センチ強くらい。飛び方も弱々しく地面すれすれを飛んでいました。これを撮るには地面に這いつくばらないと出来ませんでした。マクロレンズを目いっぱい近づけて何とか撮影できました。ヤマトシジミに良く小型が居ますが、それよりももう一回り小さく感じましたね。そのホリイコシジミが最後に開翅してくれました。シジミチョウの青い翅表が撮れました。

DSC_5968 DSC_6002 DSC_6011

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. HOUNOKI より:

    ホリイコシジミ、たぶん同じポイントで撮影しましたよ。
    小さくて、低い位置を飛ぶので、
    腹這い撮影が必要ですね。
    開翅した姿の撮影、お見事です(^^♪

    • カーコのダンナ より:

      そうですか?同じバンナ公園で撮られましたか。あまり広範囲にはいないようですね。案内無しでは絶対に見れないと思いましたね(^ ^)
      こんな所にいるんですか?と思わず疑いましたよ。おまけに極小なので飛んでいるところを指差して教えてもらって始めて分かりましたねv(^_^v)♪