タイワンクロボシシジミ

2013/11/06 石垣島ではアゲハチョウやタテハチョウがメインの座を占めているように思います。しかしシジミチョウは種類も少ないようです。私たちは以前からシジミチョウが好きでゼフィルスを始め数多くのシジミチョウを撮って来ました。周りでスジグロカバマダラやアオタテハモドキが艶やかに飛び回る蝶の楽園でも、その中に小さなシジミが目に入ると直ぐに追いかける習性があるようです。アオタテハモドキを追いかけていた時、非常に小さなチョウが目に入りました。1センチ有るか無しかの大きさです。マクロレンズでグッと寄って撮影できました。するとパカッと翅を広げたのです。翅表は丁度クロツバメシジミと同じような黒さ。そして半開翅の時はクロツと同じような虹色の輝きが見え隠れしました。

DSC_4985DSC_5008DSC_5007DSC_5017

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. HOUNOKI より:

    今回、同じ石垣島に行きましたので、
    同じ蝶が多いですね(^^♪
    この蝶も、バンナ公園で撮影しましたが、
    小さなシジミの類は、撮影に苦労しますね。

    • カーコのダンナ より:

      今回の八重山遠征写真も楽しみにしております。
      タイワンクロボシは海岸線の小径で見かけました。
      クマソの低温期型と思われる羽裏の模様が多かったようです。
      その中に混じって白い極小シジミを見つけたのですが、その場では名前は解りませんでした。
      見る蝶は全て撮っておかないと全てが初見の蝶ですからね^o^