イシガキチョウ(東大阪)

DSC_2359

DSC_2449

2013/10/09 台風24号で午前中は大雨が降りましたが、お昼前には雨も上がり日が差し始めました。午後から近くの公園に久しぶりに出かけてみました。生駒山麓に広がる枚岡公園です。ここはオオムラサキのスギタニ型がいる事でも有名になっているところです。(私はまだ見ていませんが)そして本来は南方の蝶である「イシガキチョウ」に久しぶり出会えました。生駒山系では迷蝶ではなく越冬して生息できるようになったようです。四国で見たカバマダラもそうですが地球温暖化現象の影響がチョウの世界でも生息分布図を塗り替えているようです。スパイダーマンを連想する翅の模様は、本当に不思議な感じがする網目模様です。地面にパタパタ吸水に止まっていました。

DSC_2438DSC_2436DSC_2408DSC_2423DSC_2447

コメント

  1. 蝶 旅の友 より:

    御地にイシガキチョウが居るのですか。
    びっくりしました。
    南紀に居るとは聞いていましたが。
    いいですね。
    地面に居ると見事な保護色ですね。
    動かなければ分からないでしょうね。

    • カーコのダンナ より:

      生駒山はすぐ近くなので時々出かけますが、普段はそんなに蝶の姿は多くありません。森の木が大きく高いのでチョウはかなり上空を飛んでいるようです。数年前に初めて大阪でイシガキチョウを見たときはビックリしました。図鑑でしか見た事が無かった蝶が目の前に現れたのですからドッキリです。しかしネットで検索すると生駒山系では良く見られているようで、数は少なく探してみても見つからないほどで、まれに出会う程度です。山頂付近の公園には食草のイヌビワも確認できました。歩いていると足元から飛び出したので分かりました。まだ綺麗な個体でしたね。私が見た場所は他に沖ノ島、宮崎、鹿児島、屋久島。さすが屋久島では普通にあちこちで飛んでいました。モンシロチョウよりイシガキチョウの方が多いと言う感じですね。

  2. おはようございます
    越冬するんですか・・・
    毎年楽しむことが出来ていいですね〜^^
    地面に吸水しているシーンは
    よく見ないと見落としてしまいそうです^^;

    • カーコのダンナ より:

      おはようございます。さっちゃん♪
      数は少ないですが近畿地方でも越冬する個体が居ます。さっちゃん♪も宮古島では沢山見られたかと思いますが、南方ではそこらじゅうに飛んでいるチョウですね。何処で見かけても大抵は地面に張り付いて吸水している姿が見られます。翅が薄っぺらい感じで紙飛行機みたいに飛びます。