雷滝(長野県上高井郡高山村)

妙高の惣滝の次に、さらに南下して長野県は高山村にある「雷滝」へやって来ました。「雷滝」は松川渓谷にある落差約30mの大滝。別名、裏見の滝とも呼ばれ、滝の裏側から流れ落ちる姿を見ることができます。雷鳴のように轟音を立てて落下する姿は息を呑む豪快さです。今日は一昨日の台風の影響で水量が普段の倍くらいの量で、物凄い瀑音と水飛沫でした。滝の裏を潜って行くと滝のカーテンが物凄い迫力です。怖いくらいの水量でした。

_DSC0945

_DSC0939

_DSC0955

_DSC0966

 

「裏見の滝」と呼ばれる滝はいろいろ見てきましたが、これほどの水量がある裏見の滝は初めてでした。 駐車場は乗用車が5~6台無料で駐車可能。たまに観光バスが来ます。駐車場からすでに瀑音が聞こえていて河原へ下る階段を下りれば3分ほどで滝前に到着です。さてこの後は戸隠上山田温泉で今夜の宿を予約しました。温泉と美味しい料理が待っています。

このすぐ近くには「八滝」がありました。遠望で見る滝見台も完備されています。雷滝の手前500m位の場所です。

_DSC0933

DSC08287