クロコムラサキ(静岡県浜松市)

クロコムラサキはコムラサキの黒色型です。以前からその様な黒い個体が居て10頭に一頭の割合で出現するとか?ポイントへ行く途中、新東名高速のSAで美味しいパン屋さんがあると言うので昼食に立ち寄りました。3人ともパンが大好き。我が家ではカーコさんが毎日で自家製の美味しいパンを焼いてくれますが、ここのパンも美味しかったですね。特に粒あんと生クリームをサンドした「出世大名家康君あんぱん」は絶品ですね。さてお腹も満足したのでクロコムラサキのポイントの河原へ。河原にはいたる所に大きな柳の木が沢山ありました。その柳の木の周りではコムラサキが飛び回っていますが、飛んでいるのは撮れません。またクロコの区別が出来ないので何とか樹液酒場を見つけて沢山のコムラサキが集まっているような場所を探します。3人で暑い河原を大汗かいて樹液酒場の探索です。そして遂に見つけました。2頭は普通のコムラサキですが、もう1頭はどう見ても他のより黒いのが一目瞭然。しかし、樹液酒場は背丈より高い位置で柳の枝が前に沢山あって撮りづらい位置でした。無理やり前にある大きな柳の枝をゆっくり下に折り曲げて樹液酒場の下まで潜り込めました。クロコが樹液酒場で翅を開き始めました。「間違いない!」明らかに他の2頭より翅表もまっ黒でラインは真っ白。遂に見つけました。

_DSC0534 _DSC0539

上がクロコの翅裏と少し開いたのを見て確信しました。下は20センチほど横に止まっている普通種のコムラサキです。

_DSC0517

そして遂にクロコムラサキの全開翅表も撮影に成功しました。

_DSC0548

 

大汗かいて探し廻った成果が出ました。「やった~」