シルビアは何処に(兵庫県)

今だ未見のチョウ探しです。ヤマトシジミにそっくりで斑点が少し違うだけの「シルビアシジミ」。関西では兵庫県伊丹市の猪名川河川敷に居ると言う事で出かけてみました。なんだか伊丹空港の芝生近くで発生しているとか?それが周りに広がっているそうです。2010年の新聞記事で「大阪(伊丹)空港や隣接する草地が、絶滅危惧種のチョウ「シルビアシジミ」の繁殖地となっている。大阪府内で確認されているところはほかになく、兵庫県内でも数カ所のみという。大阪府立大昆虫学研究室の石井実教授(59)は「空港はサンクチュアリ(聖地)となっており、生物多様性の観点からも希少種を守るのは国の義…」なんだそうです。これは見に行かない手はない。朝10時に河川敷へ。ここのシルビアちゃんも食草は「シルビアシジミといえば食草はミヤコグサ。しかしここにはミヤコグサは全く自生しておらず、ここのシルビアシジミはヤハズソウやシロツメクサを食草としている。」・・・。河川敷には確かにヤハズソウが沢山自生していました。しかし、ヤマトもほかのチョウもここでは全く見かけない。見晴らしも良い河川敷にチョウの姿は全くなかったのです。端境期でしょうか。1時間ほど河川敷を歩き回りましたが、蝶の姿は皆無。仕方なく空港横の公園移動しました。

_DSC9693 _DSC9733 _DSC9803 _DSC9822

こんなに大きな蝶ならばすぐに発見できるのですが、相手は小さい。しかし公園ではヤマトシジミの姿は有りました。

_DSC9458 _DSC9481 _DSC9487 _DSC9586 _DSC9615

数時間、シルビアは居ないか?と撮り続けますが、これが全てヤマトシジミです。公園内にヤハズソウは有りませんがシロツメクサは有りますね。やはり絶滅危惧種だけあって、そう簡単にはお目にかかれそうにありません。一か月くらい後にもう一度探してみようと思います。

_DSC9560 _DSC9577 _DSC9624 _DSC9774

イチモンジセセリは非常に多かったですね。ツマグロヒョウモンは交尾。綺麗なアゲハも花壇の花に集まっていました。今日も最高気温は33度。暑い一日でした。