ミヤマモンキチョウ

1,800m以上の稜線を軽やかに飛び、平地に住むモンキチョウよりもひと回り小さく、なによりも翅の縁を彩るピンクのフリルがかわいらしい。そんなミヤマモンキチョウを昨年は時期が遅く新鮮個体を撮っていなかったので今年は時期を合わせて行ってきました。しかし今回も天候不順で朝方現地に到着した時には小雨で霧がかかっていました。ミヤマシロチョウを先にと思い湯ノ丸高原へ。しかし天気が今ひとつでシロチョウは全く飛ばず。下山して池の平湿原のミヤマモンキチョウの方へ移動。この頃少し青空も見え始めました。湿原奥のポイントへ到着時には3名ほどのカメラマンがすでに撮影されてました。この日は湯の丸高原も池の平湿原も埼玉県下の小学生がわんさか!撮影も木道をすれ違うのが大変!そんな中、日が差すと一斉に飛び出してきます。どれも新鮮個体が多く、♀が多かったようです。今日はNEX-5の魚眼レンズで広角撮影もしてみました。

SONY DSC SONY DSC SONY DSC SONY DSC

D7100+VR70~300

DSC_7235 DSC_7339 DSC_7387 DSC_7394 DSC_7434 DSC_7489

コメント

  1. Amami より:

    ミヤマシロチョウは、出会えずに残念でしたね。
    私もまだ出会えていなくて、撮影出来るか怪しくなってきました。

    ミヤマモンキチョウは、やはりピンクの縁取りに魅力がありますね。
    広角撮影は、生息地の環境が良く分かるので、
    撮影する上でその大切さを感じさせてくれますね。

    • カーコのダンナ より:

      ひょっとして場所を間違えたかも?何れにせよ霧がかかるし日が差さない状況では撮影も苦しい状況でした。山の天気ですからね。ミヤマシロは昨年綺麗に撮れたので良しとして、ミヤマモンキは昨年時期が遅く、ボロ個体ばかりでした。今年は時期も良く新鮮個体ばかりでしたね。木道から撮るので制限があるのが難点。山頂のほうが良いのでしょうね。
      広角はSONYのNEX-5に魚眼レンズで接写5センチ位まで近づけますから今後多用したいと思います(蝶が逃げなければ)

  2. ふう より:

    ワレモコウの群落、八甲田山麓のゴマの棲息地のようです。
    そのゴマは来月上旬には発生することと、最期のシジミ撮影でしょうか。

    • カーコのダンナ より:

      八甲田山へご招待ですか?ふうさん。
      カーコさんが行きたいと!とわめいてます!!
      ゴマは長野県で昨年ボロボロの♀を見たきりです。
      綺麗なゴマがワレモコウに止まった写真撮りたいですね。
      八甲田山は懐と相談してみます。

  3. 綺麗なミヤマモンキチョウですね。
    広角も雰囲気が出ていいですね。
    私が行った時も大勢の遠足の子供たちに会いました。

    • カーコのダンナ より:

      埼玉県の全ての小学校が集まってるのかと思うほどのバスの数でしたね。登山と湿原散策の両方ともスゴイ小学生の数でした。道理で周辺の宿も満室で取れませんでした。
      今年のミヤマモンキは綺麗でしたね。数も多かったですよ。木道から思い切り手を伸ばして広角で撮りました。池の平湿原は何時も風が強いのでチョウが飛んでも流されるので撮影も大変です。

  4. ふう より:

    来月は「ねぶた祭り」で宿は無理、カーコさん残念です。
    来期のゼフシーズンは?
    キタアカ・ウラジロ・オオミドリ・ハヤシが確実な場所を。
    と言っても師匠に教えていただいたポイントなんです。

    ゴマ、勤務先近くの遊水池にもいるらしい。
    時期を見て調査を。

    • カーコのダンナ より:

      来年の青の森ツアーが楽しみですね。
      新たなスポット。
      キタアカシジミ(カシワシジミ)も楽しみですね。
      オオミドリはまだ一度も見てません。
      ウラジロも見てません。
      これ全部同じ場所で??
      ゴマは時期がズレますね。

  5. ふう より:

    同じポイントです。
    アカシジミの大発生(継続していれば)→キタアカ→カバイロのコースかな。
    ゴマは8月上旬ですから無理ですね。
    オナガ、ゼフの後半ですからこれも無理。

    • カーコのダンナ より:

      そう言えばカバイロは前回証拠写真だけでしたからジックリ撮りたいですね。半島の先まで時間がかかりますがね。青森の師匠の写真は岬がチョンバレの写真でしたね。やはりポイントは海岸に自生しているヒロハノクサフジでしたね。山側ではゴマシジミがいるそうですね。
      来年が楽しみです。宜しくお願いします。

  6. thecla より:

    拙ブログ訪問ありがとうございます。
    クルマユリでの吸蜜シーンは湿原らしさが出ている絵ですね。ここ昔行った時には多数のモンキの中にミヤマモンキが混じっているという感じだったのですが、そうでもないのですね。しばらく行っていませんでしたが、この環境での撮影にも魅力を感じます。

    • カーコのダンナ より:

      theclaさん。書き込み有難うございます。
      この日は数多くのミヤマモンキが飛びました。
      たまにモンキチョウが居ましたが圧倒的にミヤマモンキが多かったですよ。木道からの撮影に制限されますが、何とか近くに来てくれたのが何回か有ったので撮影できました。今回2回目の訪問です。昨年は時期が遅くてスレばかりで、今年リベンジできました。
      今日はオオゴマを撮って、いま宿から書き込み中です。
      これからも宜しくお願いします。