キマダラルリツバメ第2弾

2013年7月10日 今日の兵庫県北部は天気も良く気温36度と灼熱の真夏日でした。前回は時期が早すぎてキマルリは未発生でしたが、それから2週間経過。今日の活動開始時間はなんと4時13分。カシワ林に卍とテリ張りが始まりました。最初は2頭が現れ、高い枝先に止まってはスクランブルを繰り返しています。やがて2頭が追加で現れ、また2頭と合計6頭が出てきたら、もう大変。そこらじゅうで飛びまくり。全く下に降りてはこないし、高い枝先でテリ張りとスクランブルを繰り返すばかりです。これでは一向に撮影はできません。比較的低い場所へ止まりだしたのですが一瞬です。30分ほど追いかけてはシャッターを切りましたが下記の写真ばかりとなりました。かなり摩れた個体も見られましたので最盛期が過ぎているようです。竿で牽制して下に降ろそうとしましたが、無駄な抵抗でした。前回は1頭の出現で下草に止まって撮影には好都合でしたが、ここのキマルリは元気すぎて個体数も多くテリ張りのこの時刻には撮影は難しいと判断して5時20分、ホテルに引き上げることにしました。

DSC_5629 DSC_5638 DSC_5645 DSC_5650 DSC_5653 DSC_5664 DSC_5671