ハヤシミドリシジミ(兵庫県北部)

2013年7月10日 カシワ林の住人「ハヤシミドリシジミ」です。午後からは兵庫県北部の別の山へ移動してカシワ林にやってきました。山の斜面一面にカシワの林が続きます。この山にはハヤシミドリシジミを始めダイセンシジミやエゾミドリシジミ、キマダラルリツバメなどが生息しています。この時期の夕刻からはハヤシとキマルリの乱舞が見れそうです。ハヤシのオスは大きなカシワの高いところで卍や乱舞をしていて、ほとんど降りてきません。カシワ林を少し叩いてみました。メスのハヤシが下りてきました。メスはじっとしていてほとんど飛び回らないようです。やがてメスのハヤシが翅を開き始めました。メスの翅表は殆ど見たことがありませんでした、逆に幸運だったかもしれません。

DSC_5550 DSC_5563 DSC_5571 DSC_5581

 

さて夕刻になってくると、いよいよキマルリの乱舞も始まりそうです。楽しみです。6月の末にも訪れましたが、キマルリの時期には少し早かったようです。7月初旬は最盛期のようです。