関西のゼフィルス2

2013年6月12日 昨日の来日岳には少し欲求不満でしたので、城崎温泉に泊まって翌日朝からもう一か所の兵庫県ゼフの産地「三川山」へ。関西のスキーでは有名な神鍋スキー場の奥にありました。山頂迄の間にゼフのスポットがありそうです。ホテルの朝食が8時からと遅く出発時間は9時前。三川山には10時近くの到着でした。山頂まで続く車道はNTT専用道路らしく、数百メートル進むと鉄のゲートに鎖のカギ。この手前に車を置き、ふと沢のほうを見るとゼフが卍してます。いきなりメスアカの卍でした。高い木の枝に止まるので竿で叩いて何とか撮影できる処まで下ろして撮影。しかし翅は広げないいまま、また飛び立ってしまいました。山頂への道は4~5kmあるようですがゼフを探しながら登ってみることに。すると次の沢筋でゼフ発見。同じメスアカでした。それからはアカシジミ、ウラクロ、を撮りながら半分くらい登ったところで折り返しました。気温は30度を超えてました。下山して車に戻ると、先ほどメスアカを見た沢でネットマンが!一応挨拶して会話。先ほどのメスアカをゲットしたようです。私を同類と勘違いしているようでしたが、私は撮影のみと言うと、色々ゼフのスポットを教えてくれたり、採取したゼフを数種類見せてくれました。地元の方で名刺交換。なんか変な感じですが。ここでも人との出会いがありました。詳細な兵庫県のゼフのポイントをご存知のようでした。頼りになりそうです。

<メスアカミドリシジミ ♂>

DSC_4020DSC_4050

 

<ウラクロシジミ >

DSC_3994

 

<アカシジミ>

DSC_4036

 

<三川山のチョウ>

DSC_4026 DSC_4024 DSC_4007 DSC_4076

 

<豊岡と言えばコウノトリです>

DSC_3957