オオルリシジミ

2013年5月28日

やっと高速道路の集中工事も終わったので、念願のクモツキ求めて長野県遠征です。あらかじめ「蝶・旅の友」さん、「翅にアルプスの風を」さんにもポイントを教えていただき準備万端。あとは天気次第。しかし天気予報は曇り。関西より西は早くも梅雨入り宣言!それでも行くしかありません。大阪を夜中の2時前に出発、現地には朝7時過ぎには到着しました。現地の標高は1300m前後。下界はそれなりの気温ですが、さすが1300mの標高は肌寒い。時折ガスがかかってくる最悪の天候。何か所かのポイントを行ったり来たり。食草のハタザオを探したり。しかし、全くチョウは飛びません。12時になってしまいました。姿だけでも見たいな~。それも叶わぬようです。やはり天候、気温が問題でしょうね。12過ぎにウスバシロ1頭目撃のみで12時半を過ぎてしまい、天候も次第に悪くなり回復を見込めないので退却。まあ初回はこんなもんでしょう!そして昨年見損ねたオオルリを見に安曇野へ。しかし今にも雨が降りそうで風も強くなる最悪の天候。何とかオオルリの証拠写真を収めてホテルチェックインです。慰めはオオルリの交尾が見れたことでしょうか。クモツキは次回再チャレンジか?来年再訪問か。宿題とします。情報いただきました皆様ありがとうございました。

DSC06954

DSC06960

DSC07014

DSC07057

DSC_3163

DSC_3211

おまけはホテルイン直前にミヤマにも会えました。クロツはスレが。雨が降り出しました。

DSC_3263

DSC_3304

DSC_3313

DSC_3328

梓川のクロツ↓

DSC_3357

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. naoggio より:

    いやー、天気にたたられましたか。せっかく出掛けられたのに残念でしたね。
    今週とおっしゃっていたのでいつ行かれるのかなあと思っておりましたが。
    蝶は何度も失敗する方が初見の感動が大きくていいですが、
    そうは言っても・・・ですよね。
    ちなみに私のクモツキ初見は高校1年の時だったと思いますが、多分6〜7回目、それも林道歩き4〜5時間の場所ででした。

    • カーコのダンナ より:

      naoggioさん、いや~しかし生息ポイントが判っていても見れない!現れない!はショックでしたね(-_-;)
      本当にポイントはここなんだろうか?と疑心暗鬼になりますね。
      皆さんに教えていただきましたポイントは数か所あり、上に行ったり下に行ったり、いや~、疲れました。見れなかったから疲れも倍増ですね。
      まあ天候しだいかな?って自分では思ってますが、まったく日がささない日中は飛ばないものかな?と思いました。他の蝶すら全く飛ばない状況で待っているのは苦痛ですね。こうなったら来週も行こう!と考えてます。来週は今のところ晴れの予報。しかし梅雨入り宣言!らしいので如何なることやら。来週の結果をお楽しみに(#^.^#)

  2. 蝶 旅の友 より:

    クモマツマキチョウは残念でしたね。
    なかなか会えないのが貴重だと言うことでしょうか。
    でもオオるりシジミに出会えて良かったですね。
    ミヤマシジミもクロツにも、収穫はあったので良しとしていいのではないでしょうか。
    次回の幸運を祈ります。

    • カーコのダンナ より:

      先生、今回はいろいろありがとうございました。次回は来週を予定していますが、梅雨入りでどう変わる判りませんが、天気が良ければ夢叶うかも知れませんね。今を逃すと1年先になりますから、何とかこの機会に撮影したいですね。「貴重」なので余計に見たくてしようがないのです。
      最初のギフチョウを見たいと思ったときとよく似ています。
      長野県は距離があるので大変です。片道420km。ドライブが好きで、温泉が好きで、それも兼ねて毎回楽しく出かけます。
      そろそろゼフのシーズンに入りますので、それまでに片付けたいですね。
      コメントありがとうございました。