ダイミョウセセリ(大阪府)

2022年5月24日 お山で蝶探しの続きです。小さな黒い影が地面スレスレで行ったり来たり吸水していました。直ぐに判別はできませんでしたがよく見ると久しぶりに見かけたダイミョウセセリでした。名前は「ダイミョウセセリ」ですが御大名ではありません!なんて言うCMがあった様ななかった様な(笑)名前の由来は諸説色々あるが本当かどうか分かりません。特にこの蝶を探して撮影すると言う事はなく、他の蝶の撮影で出掛けた折にたまたま見つけて撮影すると言うことが殆どです。ダイミョウセセリさんには申し訳ありませんが、いつもそんな形で出会って撮影していました。だからあまり綺麗な新鮮個体に出会うことも少なかったのですが今日のダイミョウセセリは本当に綺麗で新鮮個体で嬉しかった。関西と関東では黒地に白いラインが有るのが関西、無いのが関東と明白に違いがあるのも面白い。

今日のオマケと言っては失礼ですが久しぶりに綺麗なトンボが目の前に止まったのでパシャリ。しかし名前が全くわからずお友達にヘルプしました。「アサヒナカワトンボ」と言います。発生地域で羽の色がついているのもありますが大阪は無色透明らしいです。体長は4〜5センチ位です。