大阪生駒山麓の春

2022年3月28日 3月も終盤になり春が一気に加速しました。先日より桜も開花し西から満開宣言。春の蝶たちも活動し始めました。ギフチョウ、ミヤマセセリ、コツバメなどがSNSに投稿され始めました。いつもなら私たちも遠征が始まり蝶を追いかけるのですがコロナ禍の自粛生活が普通になっている今、さあ出かけようと言う気分の高揚がありません。唯一近場の都市公園や自然が少し広がっている生駒山麓(大阪府と奈良県の県境の山脈)に出向いて春を感じています。今日もアセビの花咲く山麓に出かけるもコツバメは発見出来ませんでした。大阪のギフチョウは大阪と奈良の県境の金剛葛城山に4月の末に保護地で発生するので近場の散策で観たいと思います。今年の冬は野鳥観察が結構楽しめましたが、これからの季節は可能な限りで蝶や自然観察を楽しめたら嬉しいです。