ニシオジロビタキ(Part2)

2022年2月20日 昨夜の雨も上がって青空が出始めたので今日は近くの公園にまだ居るだろうかニシオジロビタキに会いに出掛けた。単独行動をするヒタキ科の野鳥は縄張りを持っていて何時も同じ場所に居るものなんですね。今朝も前回と同じ場所で上に下にと忙しそうに飛びまっわていたので直ぐに発見しました。眼で追えないほど一気に遠くへ飛び去る事はないようです。見逃しても暫くすると近くに飛んで来ました。木の枝にも良く止まりますが、あまり高い場所に止まる事はないようで高くても5〜6m位の高さまでで、直ぐに下に降りて来ます。こんな習性なので撮影には楽な野鳥かも知れませんね。