シルビアシジミ(加古川市)

2019年9月2日 この地域には沢山の溜池があり、その堤防はよく管理されていて草刈りが頻繁に行われているようです。そんな場所にはミヤコグサやヤハズソウがよく育つようです。この場所では以前はミヤコグサの黄色い花が多く見られましたが最近ではヤハズソウの方が多くなってきているように感じます。シルビアはどちらも食草としているので問題はないように思います。9月になってもまだまだ暑い日が続きますが今日も最高気温は30度越えです。少し早めに涼しいうちに撮影したいと思って7時過ぎにやって来ました。空は曇っていて日差しがなく草地を見るとシルビアが静止しているのが見つけられました。かなり擦れた♂も居ましたが綺麗な個体も多く見つかりました。個体数はこの日はかなり多く見られました。日差しが無いのか開翅も無く静止している個体ばかりです。そのうちに空も明るくなり始めた頃、開翅する♂が多く見られました。ヤマトシジミと非常に良く似た種ですが♂の開翅したブルーはヤマトとはまた違った色合いを感じます。今日はそんなシルビアブルーを楽しめました。

コメント